FC2ブログ

明洞、福清でニク! 

街中、くまなく、ごまんとある食堂の類はカンバンからして、メニューももちろん、ハングルしか書いてない。
あるいはメニューが4パートにわかれてるから、各パートから1品ずつ、あてずっぽうに4品選んでステキなディナーが完成するかもしれん。
しかし・・・
でてきた料理は全部同じ味のスープ(><
具が豚、牛、羊、犬の違い(><
前菜、おかず、麺飯、飲み物だろうと目星をつけた4パートが実は豚、牛、羊、犬に分かれていただけなのだ!

・・・なんてことになりかねんので、ウマそうな食堂には入れず、最後にソウルきっての盛り場、明洞へ!

日本語のカンバンしかあらへんやん~~

日本語だらけの店は避けるべく、裏路地へ。
おお!
ココは日本語による誘導が少ない!

ドアを開けると!

・・・・・。
日本人だらけやん~~


画像 032
テーブル右手におかず!
画像 033
左にもおかず!

画像 034
そしてカルビ焼く!

・・・たいしてウマないわ~

画像 036
一度喰ってみたかったプルコギ!

・・・甘~~

★★♪

お店のおねいちゃんはみな親切ですー。
・・・ニホンゴで親切にしてクレマス・・・。

仁寺洞ギル、カルクッス専門店ケンマウルミルバッチ 

ソウルの原宿、仁寺洞!
インサードン♪
と発音する!
インサードン♪って(´д‘)
画像 030
マントウ!
まあ、水餃子みたいなもんであーる。
最も水餃子と異なる点はそのカタチにあーる。
そもそも餃子って女性のアレを象った、とされるが・・・
ここまでリアルに作らんでもええやろ!
しかもココはインサードン♪・・・
コレに?
インサードン?
画像 031
そしてカルクッス!
あさりダシのうどん以上のモノではない。
★★うおんうおん(新開発のうおんは、ぷおんの韓国版)

この店のメニュー、この2品しかアリマセン・・・

ソウルな夜食 

焼肉に魅せられたぼくはその後、ソウルへ(´д‘)
画像 011
空港から糞ほど時間のかかる地下鉄を乗り換え、ホテルに着いたらすでに深夜。
慣れてる人ならタクシー飛ばして東大門市場の屋台、ってことになるんだろうけど
なにせ英語は通じん、ハングルは読めん。
で、ホテルでビビンバ。
アメリカ系インターナショナルホテルの悲しさ、ニッポンで食うのと寸分違わぬ。
ただし、キムチ、ウマー。
そして右上の白菜の冷たいスープ状のものはニンニクのによいが強すぎて喰えなかった・・・
★★★