FC2ブログ

伊東駅前「菊一」 

オレは鉄ちゃんなんかではないので伊豆急クモハ103の貸し切り運転なんかに乘るどころかまさか主催なんかはしない!
(←伊豆急クモハ103貸し切り運転はこちら(爆))

東京に帰ろうと最後に伊東に着いたらハラが減っていた。
どこでもええ、なんでもええから駅前食堂「菊一」に突っ込んだら!


魅惑のホワイトボード!

RIMG0378.jpg
RIMG0381.jpg
RIMG0380.jpg
ごっついウマいやんけええええええええ!

RIMG0379.jpg
フライだって「地魚のフライ」とキター!

RIMG0382.jpg
いかやきそばもウマい!

RIMG0386.jpg
オレたちが出ていったらすぐに店を閉めやがった(爆)
6時半なのに(核爆)!
★★★★♪♪♪

伊豆急下田駅前新鮮味処「天城」 

オレは鉄ちゃんなんかではないので伊豆急クモハ103の貸し切り運転なんかに乘るどころかまさか主催なんかはしない!
(←伊豆急クモハ103貸し切り運転はこちら(爆))

下田に着いたらハラが減る。
どこでもええ、なんでもええから駅前食堂「天城」に突っ込んだら!

RIMG0012_20141029105609e02.jpg
RIMG0011_201410291056077c2.jpg
ごっついウマいやないけえええええええええええええええええ~~

食べログを後でチェックすると
マズい、遅いと散々。
妨害なのか、それとも伊豆のヒトの魚へのハードルがあまりに高いのか?
オレには充分です。
翌日も同じ店で同じものを食ったほどだ!
★★★★♪♪

三島、本町うなよし 

静岡のおでん横丁に対抗して、いま、最も熱いのが三島!
うなぎヨコチョーだ!

ヨコチョーとゆうからには
うなぎ屋がずらっと並んでいると思うだろう?

・・・・・

ショボい商店街やらさらにソコから外れたトコロに点在するうなぎ屋!
うなぎヨコチョーとは行政と商店会が勝手に命名した、抜本的にサブ~いネーミングだ!
いっそのこと西麻布もイタリアンヨコチョーにしちまうか!
IMGP0023x
そんな名ばかりヨコチョーきっての有名店、本町うなよしはショボい商店街のショボいうなぎ屋だが!
悲しい焦げと引き換えだけど、カリっと焼けた表面!
そしてまるでクリームみたいなトロットロの身!

・・・・・

ところが、そのウマいうなぎを完全にスポイルする甘すぎるタレ!
嗚呼、もったいないもったいない

IMGP0025x
カッスカスのうまきに至っては・・・

やっぱりしょせんは田舎の料理なのか?
★★★♪

本当にうなぎはウマいし、ボリューミィだし、おばちゃんたちも親切!
惜しい!

たこエイト! 

IMGP0015.jpg
じゃーん!
IMGP0016.jpg

じゃじゃじゃじゃーん!

先週末、再びいってきました!
静岡、おでん横丁、あのたこ八です!

あいかわらず、牛スジから染み出すウマミいっぱいのおでんだし!
今回はカキフライなんて、その場で揚げてもらったりしてもうタマラン!

最初は最高に機嫌のわるかったたこ八かあさんも、最後は「ウチはお客さんがいいのよ~」と上機嫌になる「相互補助」「ヒドい冗談も通じる」客層!

今回は鶴見から帰郷した愛娘陽子さんといっしょにきた、三宅さんと!
「アパレル系ですか?」
「いや、暴れる系で・・・」
「ぐわっははっは~!」
陽子さん「ソレ、20歳の娘にはつまらんよ・・・」
★★★★♪♪♪♪

関谷くーん!
会いたかったよう~~
(ちなみにすべての人名は例によって便宜上勝手に命名しただけです・・・・)

静岡え! 

毎年一回(だけ)、静岡へいく。
静岡とゆえば!
やることはひとつ!

プラモショー(´д‘)

アフター・プラモショーとゆえば!


おでんヨコチョー!

こんなにいっぱいおんなじような店がならんでる!
しかもココは「青葉横丁」というトコロだが、同じような横丁が静岡市内には6ヶ所あるとゆう!
どんだけおでん屋あんねん(´д‘) 
「おおむろ」など苗字に由来する店、「ようこ」などおばはんの名前とおぼしき店名が多い。
そんな中、横丁を往復、一軒一軒覗いて迷いに迷って飛び込んだのは!
IMG_4235.jpg

たこ八!
コの字型のカウンターの真ん中ではたこが8本手を伸ばしておでんを!
・・・うそだ

十数人入れる店は8割方埋まっていて、客同士、和気藹々とやっている。
もちろん気遅れするし、いったいどう注文するかがわからねー。
IMG_4219.jpg

カウンターの上はこんなんだ!
写真でみたって膨大な数の食い物が黒く並んでるだけでなにがなんだかわからねー(><!
おでんに撒くとおぼしき鰹節やフライ用とおぼしきソース壷が並んでいるのも確認できる。
IMG_4218.jpg

まずは左前方に山積みされているフライ。
IMG_4230.jpg

右手には焼酎パック。
IMG_4216.jpg

そして、コレがおでんだ!

勝手に取って食うのか?
たまごとるぞ、
ビンビール1本くれ、という基本的な会話をはじめると
右側に座る客、妙子さんがたまごはこーゆーふーに乾いて燻製みたいなんがええんよーと教えてくれる!
すかさず、おでん鍋の前の客、関谷くんがたまごを3、4本選んで無言のままオレの近くに差し込む!
IMG_4221.jpg

コレが差し込まれたたまごだ!
妙子さんがこれだと思うなーとゆう一本を引き抜き、上方に見える味噌壷につっこんで皿に取り出すと!
IMG_4222.jpg

黒いわあああああああああああ~

割ってみると!
IMG_4224.jpg

ボッロボロになってる!

食ってみると!!

こりゃウマいわあ~
本当に燻製のような風味!
もしかしたら80年足し続ける煮汁に8年くらいひたってたのか!?
IMG_4226.jpg

ぎゅうぎゅうに巻かれた糸コン!
IMG_4232.jpg

とっろとろの牛スジ!
IMG_4228.jpg

名物、黒はんぺんはフライにしてもウマい!
揚がって数時間経ってたってそんなもん、コレはそのほうがウマいねん!

静岡おでん、すばらしい!
★★★★★★★★

妙子さんはコワモテなのに趣味はNゲージ、ディーゼルカーがええなあとゆうチグハグな旦那とおでん食うために泊りがけでココへ。
関谷くんは大阪出身、数ヶ月前、静岡から数時間かかる県内に越してきた。それ以来、週末はおでん食うために泊りがけでココへ。
関谷くんのお友達だとずっと思ってたとなりの石川くんとはこのカウンターで10分前からバラバラに食ってただけだとゆう。
ちなみに石川くんは神奈川県からプラモショーとおでん食うために泊りがけで初めてココへ。
その反対側のロマンスグレーがエロい長谷川さんも神奈川県からおでん食うために勝手にBMWの1000ccを飛ばして泊りがけで初めてココへきたとゆう。
オレといっしょにきた森くんは北九州からプラモとおでんだ!
おでんが世界から人を集める!
名物がおでんではなく投資用不動産ならいまごろドバイだ!
逆にドバイが目をつけたのがおでんならいまごろ砂漠におでん横丁が6つ(´д‘)

ちなみに、登場人物の名前は食いながら便宜上オレが勝手にそう呼んでいただけです・・・