細の奥道 【秋田 横手の章】 

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。

こんばんは、今夜もわたくし、松尾芭蕉です(爆)。

ふじわらの メニューたったの 大中小

DSC_0044_20120521233657.jpg
名にし負う 横手やきそば 味はアレ
★★♪♪

スポンサーサイト

コメント

こっ!!

このユー・エフ・オーは!!!

いまいちなUFO(爆)

鉄記事の1/100にゃー
女性ファンがあんでがしーって泣くでぇ
でもオモロイでぇ
嗚呼嗚呼~
  • [2012/05/23 23:43]
  • URL |
  • イスマッドーラ・ジンジャー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

深い、深すぎる。なにも説明されておらず、しかも知り得たようになる。このマジック。真似したい。”うんちく”を語るなかれ、”びーちく”をかたりゃんせ。

>イスマッドーラ・ジンジャー師
泪こらえてくでー ああああああああああああああ嗚呼アンデガツ~~

>桃猫はん
そこでびーちく、かい・・・(爆)!?
なんにも深いことはないですが(笑)、おホメいただきお恥ずかしくゾンジガツ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する