桃乳舎! 

きょうは桃乳舎!
なんてったって
桃乳、
でっせ!

・・・桃猫はん、、、

お店のファサードをネットで見ていた限りでは、
大正モダン風のデザインだなあ、ステキ♪と思っていたが!

ホンマもんの大正モダンだった!
昭和のはじめ、築80年近い?!

中は!
tonyusha3.jpg
かっこエエ~、かっこエエ~、

かっこエエわああああああああああああ~

tonyusha4.jpg
端っこのほうは沈み込んで傾いてるし~!

tonyusha5.jpg
メニューはコレだしい~~

tonyusha6.jpg
ランチ480円!
ぷりぷりエビフライとさくさくメンチ!

tonyusha7.jpg
反対から見たらつけあわせ素ナポもたっぷりやし~~!!
★★★♪♪♪

ココに決めた!(って、何を?)



スポンサーサイト

コメント

わたしの乳、揉んでくれたかしら、、、いや、、わたしの記事、読んでくれたかしらぁ。
そのむかしは、ミルクホールでしたのよ。そんでもって、株屋の街に、いまも、残ってるのぉ。

わはははははー!想定以上の最高のコメント!
大好きだー!
記事と乳(´Д`)
読むと揉む(´Д`)(´Д`)(´Д`)~~~
もちろん、乳揉ませて×→記事読ませて○いただきました!
ミルクホールって、往時の雰囲気はどんなだったんでしょうね?!
  • [2010/01/24 07:57]
  • URL |
  • いぬわん改めグヤトーン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

60年代まであったミルクホールは、未だ、うちの近所にも見かけられますが、往時の繁華街版は、聞いた話だと、いまのメードカフェよろしく、女給さんが、いっぱいいて、新聞片手に、ミルクやら、珈琲をを飲むっていうのが、欧米人を真似て、洒落て、ちょっと粋でおしゃれだったみたいですよ。

 ハイカラを体感する場だったのでしょう。また、ミルクホールの前駆的形態は、ミルクを販売する集積場だったわけですね。つまりは、起源的には、冷凍搬送システムが無かった頃、需要が期待される都市部の外縁、すぐに運べるように、搾乳すべき牧場が多数あり、そこからフレッシュな牛乳が配られる場所として、まずは、できあがったと思います。まぁ、堅苦しいことは、さておくとしても、満腹中枢のほか、あたまも刺激される展開もよいでしょう。

なるほど!

そういえば・・・
ミルクホール○○。という店はぼくが幼いころ、まだいくつかありましたね。
でも、もちろん、往時の雰囲気ではなかったと思います。

それより!
東京や大阪の近郊に近年(って50年前くらい)まで牧場があった話は知っていましたが、冷凍、冷蔵技術との関係を思ったことはなかった!
そうか!

いつもいつもありがとうございますー!
また揉ませて×→読ませていただきます!!
  • [2010/01/24 12:03]
  • URL |
  • いぬわん改めグヤトーン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

たびたびすんまそん

より詳しくは、同じような経緯で、いまも現存している、牛乳屋さんの名残で、水道橋 アイコウシャの記事を、桃猫ブログ ハンバーガー記事から拾って読んでみてください。ためになります。

アイコウシャの乳揉みました!(しつこい!)
ためになる、っちゅうか、また食いたい店が増えた、、
  • [2010/01/25 00:56]
  • URL |
  • いぬわん改めグヤトーン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ももちち かぁ ~ v-402

ももちちはええよー。
  • [2010/01/25 08:09]
  • URL |
  • いぬわん改めグヤトーン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する