日ノ出町、第一亭のパタンがくさい! 

この店のパタン、という料理はずいぶん前から聞いていて、ぜひ一度喰ってみたい、と思っていた。
50代最初の台湾料理は日ノ出町、第一亭!
大岡川の川面を渡る風が桟敷に吹き込み、その風情はまるでヒロシマモナムールのあのワンシーン!

フランス美女と豚足でもつつきながら愛と平和を語ってくれ!
200909251939000.jpg
チートの生姜炒め。
活きのよさがよくわかる胃袋コリコリ!
ウマい!
このあと、もちろん豚足へ進んだけど、がっついてもーて写真を忘れた。
もちろん、豚足煮込みもほどよい甘味がウマい。
ここより、僕は断然こっちが好き。
200909251952001.jpg
発注後、15秒で出てきた青菜炒め!
15秒だぜ!
作りおきかと思うがな!
だが、少しの片栗粉でとろりと仕上られた青菜炒めは絶品、あつあつ!
イイ店の炒めはやっぱり速い!

ところが、、、
200909252015000.jpg
餃子はふつうやなぁ

そして!
200909252036000.jpg
パタン!
しこしこの平打ち麺を油で和えてにんにくのみじん切りをドッバーとかけただけのシロモノ!
どや、台湾のペペロンチーノや、とシタリ顔の常連が連れに勧めるが
どこがペペロンチーノや!?
アーリオオーリオではあるが、ペペロンチーノは入っとらんやんけ!

メニューにはないので、隠しメニューということになる。
もとはマカナイ、だったという。
イタリアでもアーリオオーリオペペロンチーノなんて
マカナイメニューだろう。
マカナイメニューを無理やりお願いするんだから文句は言えない、
でも、ぼくは次にいったら、焼きそばか焼きビーフンにしようと思う。
★★★♪♪

昔、台湾料理らしい台湾料理が東京にもいくつもあった。
新宿の甲州街道の土手の「中」とか、
赤坂見附の駅裏とか。
いま、東京の台湾料理と称する店はただの中華屋になってしまっている。
神戸にはココとかココとか、いい台湾料理屋が残る。
横浜ではみかけないなあ、と思っていたらココにあった。

そういえば、この間、久しぶりに秀味園の前を歩いたら
とんでもない風情に改装されていた。
残念。



スポンサーサイト

コメント

復活??

してるじゃん!!
・・・え、遅すぎるツッコミ??!
ボチボチで十分なので、どうか続けてくださいよ~!

おー
ほんまさんー
ひさしぶり~

・・・って遅すぎるじゃん(´д‘)

はい。びちびち、イキますー

パタン。
アリーマ氏、seikoMTD氏、乙氏に連れてってもらって、1回だけ食べたことがあるけど、飲んでたんでよくわからん。。。
後は単独行なので、第一亭でのむなんてことは考えなかったなー、ということでその後食べていません。

おー
そうやったそうやったー。
ぼくはなぜか酸化しなかった。
あとでパタンの話を聞いて悔しい思いをしたものだー。
アレからもう3年経つなあ。
速いなあ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://inu1dog11.blog86.fc2.com/tb.php/469-10def9cc