ほにゃらら合同暴念会、石川町、味香園 

まだ世間の忘年会シーズンがたけなわになるちょっと前、暴念会やろうぜ、とほにゃららと連絡が。
結果、オトコ1、オンナ1、合計2名の暴念会となったわけだが、それをダレもデートと呼ばないのはご存知のとおり。
実は、すでにこの記事で店の存在は知っていたが、いまいち期待してなかったのはオレはすでに9月、こんなんとかこんなんで、福建料理のウマさはよく理解しているからさ♪



空芯菜炒め
ごっついウマいわあ~
値段だけはさすがに現地の15倍だが、炒め、ボリュームは完全に現地風!
コレを日本で喰えるのはココだけ、とも思えるウマさだ!

IMGP7900.jpg

牡蠣のお好み焼き、カキオコ
ごっついウマいわあ~
牡蠣、といってもニッポンやヨーロッパのゴージャスなものとは違って小さく痩せたシジミみたいな牡蠣は福建名物。福建でメシを喰うと、ありとあらゆる料理に「調味料」として使われているのだが、ココのカキオコは台のたまごと絶妙に絡んでコレがまたウマい!

IMGP7905.jpg

水煮ブタ
ごっついウマいわあ~
本来四川料理だが、ココの料理人はそもそも福建ではなく、四川の出身、とも聞いた。
もし、そうでなくても、福建人は四川料理も大好きだ。
9月に福建省福州で喰ったコレとかコレもむっさウマかったしな!

IMGP7907.jpg

春雨入り牡蠣スープ
(´д`)~
ごっついウマいわあ~
いったん、あっさりした状態で喰ったが、あとでコレも福建独特の調味料たる、タケノコを腐らせたようなスェンスゥを投入してもらいウマさ激倍!
すばらしい!

IMGP7910.jpg

最後はさつまいもダンゴ
ごっついウマいわあ~
福建ではじゃがいもで作ったものを何度か喰ったがそれもウマかった。
さつまいも製のこちらはもちろん甘みが残ってコレもウマい。
具は福建岩のりとパンチェッタのような塩漬けブタ。
半分そのまま食べ、残りをさっきの牡蠣スープに浸して喰った。
嗚呼、サイコーだわ、コレまた!

店構えは街中華屋。
しかし、その腐りかけた扉を開けると店内は現地の食堂!
店のによいがまたスバラシイ!
ああ、コレは相当ステキなお店だと思う!
このときの客はゼロ。あとで数人、そばだけを食いにきたが、忘年会利用などはまったくなかった。なんで会社の忘年会ってこうゆうステキな店でやらんのか?
アホだ
★★★★★

くわしくはこちら、ほにゃららの記事も見てね♪

スポンサーサイト

コメント

今年もよろしくお願いしま~す (〃⌒ー⌒〃)
寒くなったし重慶火鍋いきたいですね♪

ふっ…断食は事実上終了したさ…今晩寝て起きたら自由の身なのさ…
あぁ~、今晩だけはイ先生のところになんか寄るんじゃなかった…

>ヌシちん
アレはいつやったっけー たしかにそろそろ、華隆餐館喰いたいなあー!
こちらこそ、よろしくおねがいしますう~!

>とも2ちん
おっ!・・・・とゆうことは今はすでに娑婆ですね(´д`)
どのみち汚れるこのカラダ、じゃんじゃん喰いましょう(´д`)

復活への道

拙ブログでは「実録・断食生活」に続き「復活への道」を掲載予定です(笑)
乞御期待♪

断食してもリバウンドで以前よりたくさん食べるというオチかなー(´д`)

う~ん
まっ、とりあえず拙ブログをご笑覧くださいませ♪

ややこしいねんなー(><!

ごめんね…
でも今年はイ先生とご一緒するのが目標なので胃力アップしとかないとね♪

じゃあオレもさらに増強(´д`)
ブタニクチャーハン満腹健康法!

ああ、美味しかったなあ。
今度はあそこで四川もガッツリ行きたい・・・。
でも、太平燕をまだ食べておらんのよ。
福建煮込み焼きそばも・・・!

ああ、ウマかった!
メリークリスマス!
トコロで「煮込みやきそば」って変くないか?
アレはきっと「煮込みそば」だと思うが・・・・

確かに変だなあ。
どうも煮込みそばだなあ。
でも「焼きそば」と言われて出てきたのがこれだったんだがなあ。
わかんない。

だよなあ。
どうも煮込みそばだよなあ。
でも店のメニューにも「焼きそば」と書いてあったなー。
きっと店が焼きそばとゆう日本語の意味がわかってないんだかなあ?
わかんないなあ(´д`)。

炒めてから汁餡かけ風にしているのではないだろうか?
「焼き」が入らないと、もっとおつゆドボドボなイメージになるような・・・。

う~む
きっと焼きは入ってないような希ガスるがなあ

いや、だから「お品書き」のネーミングに、ということだよー。

おお、なるほど!スマヌ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://inu1dog11.blog86.fc2.com/tb.php/244-973ab384

石川町『味香園』ふたたび ~イヌ、まっしぐら!イヌ、おおよろこび!~

味香園最寄駅:関内 / 石川町料理:四川料理採点:★★★★★一人当たりの支払額(税込み):3,000円~5,000円用途:夕食 クリスマスイブだのイブイブだのと、いぬわん言うところの「アホーリーな」世間が浮かれだす、その十日余り前の冷え込む夜のことであったろうか
  • [2008/01/08 02:50]
  • URL |
  • 横浜ほにゃらら日記 |
  • TOP ▲