fc2ブログ

日曜でも快速が止まる吉祥寺! ぶぶか 

油そばの歴史

1952年(昭和28年)に創業した国立市の一橋大学そばの「三幸」が、のびたラーメンをヒントに昭和30年代前半頃から酒の肴として提供を開始したとする説や、同じく昭和30年代に武蔵野市境の亜細亜大学そばの「珍々亭」が中国の拌麺をヒントに油そばを発売したという2説が存在している。いずれにしても、東京都武蔵野地区から他地域に広がっていった。その後1996年(平成8年)ごろから流行し、1997年の読売新聞では『今年ヒットした話題の商品』の13位にランクインしている。2002年(平成14年)には、明星食品から武蔵野市吉祥寺「ぶぶか」の油そばの即席麺が商品化されている。

※ウィキペディア「油そば」より引用

どーでもえーけどともかく油そばは中央線の西の端の名物だったのか!あー中央線は今日もまっすぐだー!

と、いうわけでやってきました吉祥寺!
吉祥寺といえばもろちん!
IMG_1752_bbk.jpg
ぶぶか!

IMG_1750_bbk.jpg
おお!

IMG_1751_bbk.jpg
かき混ぜる!

油そばとかつけ麺とかって、なんとも安易なウマさが鼻につくな・・・
★★★♪♪

スポンサーサイト



コメント

ウクライナ

なんともゲスな食べ物と思いつつも、南口・井の頭線高架下あたりに開店当初は並んで食べた、トホホな思い出がありまする。現・大手M&A傘下になりながらも生き残っているのは原価が低く、儲けのウマミが強いからなんでせうね。味が濃い==儲かる商いの基本やな。味が薄い=自然体・飽きないの基本とは真逆やな。まともなボヤキに終始してもうたわ。

なんでぶぶかなんやろな

わはは!並びましたかー・・・
そうか、味が濃いからゲスいのか・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する