FC2ブログ

国立 まっちゃん 

新宿からオレンジ色の電車で35分。国立(くにたち)駅に到着直前、道路をまたぐ小さなガードに差し掛かると左手の窓に一段下がった道路のつきあたりの薄汚れた黄色い看板が見える。
いや、正確にいえば「見えた」。
IMG_7791.jpg
まっちゃん!左手はすぐ中央線の高架だ。

IMG_7792.jpg
まっちゃんの前に立ち、中央線を背に、あの車窓から見えたまっちゃんの看板のほうを向く。
つきあたりの空き地に木造2階建てのまっちゃんがあった。
いまのまっちゃんの目の前の道路は、当時低い土手を走る電車をくぐるために掘割になっていた。
掘割の左右の石垣、その向こうの黄色い看板。
10数年前の高架化で掘割がなくなり、それでもまっちゃんはそのままの風情で建っていたという。
しかし、昨年ついにそのまっちゃんもいまの位置に移転してしまった。
かつての掘割の上である。

IMG_7793.jpg
40年前の味を思い出しましたか?
煮込みを出しながら、あのころとは代替わりしたオヤジが聞いた。
さすがに40年前の味は忘れた(大糞核爆)。
しかし、客を見れば怒り出す、あの古いオヤジの顔はくっきり思い出した。

そして・・・・
IMG_7794.jpg
IMG_7795.jpg
どえりゃあウマいでかんわ!

たぶん、おれが生まれて初めて入った串焼き屋がここだったはずだ。
こんなにウマいヤツを最初に食ってしまったらあとはそりゃダメだろう。
この40年間、なんとなく世の串焼きに興味を持てなかった理由はそこにあったのだ。

IMG_7787.jpg
ちいさな三角屋根の木造駅舎はとっくになくなり、こんな無粋な高架駅に。

IMG_7790.jpg
IMG_7789.jpg
IMG_7788.jpg
でも駅を背にした、左から旭通り、大学通り、富士見通りとメインストリートが放射状に延びる駅前ロータリーの風情は40年前とちっとも変わっていない。

IMG_7796.jpg
酔い醒ましになつかしいロージナ茶房でコーヒーを。

あの掘割、新宿から左手にはまっちゃんが見えたが、右手には掘割にへばりつく「うなちゃん」が見えた。
こちらはうなぎの串焼きだ。
そのうなちゃんも盛業中。
少し遠いけれど、国立へ通おう。
「まっちゃん」はむかしもいまも女人禁制。
多様性の受容もなにもないところがかえっておもしろい。
でも、土曜日だけは女性も食べることができます。それも時代なのでしょうか。

スポンサーサイト



コメント

30数年前

まっちゃんには国立住在の亡き義父に連れられて(連れ込まれて)訪問しています。亡き実父も連れ込まれたらしいのですが、国立を代表するジジイ用の名店とのことでした。
緊張かつ呑み過ぎなのか、旨かったのでしょうけど何を食ったのか記憶がありません。
なぜか当地では、串に刺してあると豚モツでも「焼き鳥」で、「串焼き」どころか「ホルモン」とも言わないですね。
写真4枚目の「シロ」好きです。
で、今では本人が充分にジジイでありますが、また行ってみようかな。
ところで、わんわん殿がなぜ国立くんだりまでお越しになりましたん?
かなりローカルですみません。

シロだけはタレで食う

そうでらっしゃいましたかー!
そう、なぜか焼き鳥(爆)。
国立は40年前からの10年ほど住んでおったのです。
で、このところシゴトの都合で毎日のように国立を通り過ぎるのでついついなつかしくて。

1970年頃までの東京

焼鳥屋と言えば今でいうモツ焼屋でした。戦後の食糧事情から鶏肉が高騰し、豚モツで代用したものが定着したと思われます。
我が荏原町にも行列ができる焼鳥屋がありました。シロ、レバー、ハツなどを買って帰り、コレ、本当はブタの内臓なんだよね、と言いながら喰いました。美味かった。
中学に上がる頃には本物の焼鳥屋が巷にも復活し、試してみましたが、焼鳥ってこんなに不味い物だったのかと逆に驚きました。
その刷り込みで今でも焼鳥より豚モツ焼の方が好きな貧乏舌です。

ほー

そういうことだったか・・・・
以前、貴兄に話を聞いていたと思うがやっと理解できました。
ありがとうございます。
あっちこっちにウマい「鶏」もあるけど、結局皮やぼんじりやせせりなど、「鶏」でもモツしか食わない・・・やっぱ「モツ」だよなー!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する