手打ちそば、うどん 国分寺甚五郎 

アレ以来、「武蔵野うどん」を銘打ったうどん屋にときどき出くわす。
きっとどんどん増えてるのだろう。
わが生息地域でいうと3日ほど前、三軒茶屋で見つけた。
武蔵野うどんとは昔から伝わるこの地方のゴチゴチの麺を指すが、
一般的に「肉汁」と呼ばれる、ブタ入りのタレに浸けて食うスタイルも含めて武蔵野うどんと呼ぶらしい。
初体験はあのチェーン店。
うどん自殺、天丼自殺は可能だが、ぜんぜんウマくなかった(糞爆)・・・・
(←武蔵野うどん竹国)


国分寺。
再開発中の糞みたいな駅前を抜けたトコに、まだ昼には1時間もあるというのに賑わううどん屋あり。

なんすか、このバカ者がやってそうな、作りこまれた風情は!
こんな店には入りたくねえよ!

IMG_6729.jpg
入った・・・・

つけ汁は鴨。

IMG_6730.jpg
麺はうどんとそばの合い盛り。
このうどんはまさにあの武蔵野うどんのあの歯ごたえだ!
そばはまあ、アレだ(大糞核爆)・・・・

外観から想像したとおり、バカ者による狙いに狙った店。
店内にはいわゆる「昭和の」ホーロー看板も多数揃えて安易なノスタルジーを演出(糞爆)。
それでも、まあまあ、ウマかったし、うどん+そばの合い盛り、すわなち名古屋・長命うどんでいうところの「うそ」を出すところがうれしいジャマイカ!
宇宙はウソとクソでできている!
★★★♪♪♪♪

スポンサーサイト

コメント

ボキボキ

こんにちは!
喉越しとかつるつる感とは無縁の武蔵野うどんでありますが「小平うどん」は、うどんの形状をした小麦粉の練り物と言うべき代物と言えます。
麺類が好物の小職としても、およそ、うどんと言うにはムムムな食い物ですが、もちろんそれなりに食える旨いものであります。
弊社の行動半径にある聖跡桜ヶ丘駅にほど近いところにお店がありますが、二回目の突撃はどうしようかといつも躊躇しております。
でも、人生一度は、うどんの形をしたうどんみたいなものを食らうのも経験と思います。

うー

来たな(くそ爆)!?
キライなのか食いたいのかよくわからんけど
たしかにキライなのか食いたいのかよくわからん食いもんではあります・・・・

埼玉に4年住んだが

大宮以西は味の砂漠だ。質より量と言えば聞こえがいいが、元々の味覚が狂っとるとしか思えん。
うどんはご案内の通り粉の塊、コシとは無縁の単に固いだけ。
笑ってしまうのは、パスタは逆にダラダラにヤコい店が多いところ。

埼玉では

イタリアンレストランでうどんを出すらしいな!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する