名古屋どて街道、串かつとん焼 八幡屋 

名古屋駅太閤口から北へ徒歩5分ほど、メインストリートを斜めに横切るのが、かの「どて街道」だ!
駅から遠いほうから、前回ご紹介した「のんき屋」、「大崎屋」そして本日ご紹介する「八幡屋」となんと、たった3軒だけ並ぶだけなのだ!
(←のんき屋)
写真 3
コレが八幡屋!
むこうの大崎屋の看板は消えている。
最近、長い間閉じたままだそうである。
まあ、同じ業態で3つ並べば、真ん中は弱いよな・・・・
その向こうに光るのがのんき屋の看板だ。

写真 1
ビールはもろちん、赤星ラガー★!

写真 3
そしてこの新聞紙を切った短冊が!

写真 4
お手ふきだー!
ゆびにびっちょりこびりつく、ねちょねちょの甘ミソを拭うのはティッシュでもあのヘンちくりんな濡れたヤツでもない!
コレがもっとも合理的なのだ!

写真 2
どて
あみゃーてうみゃーでかんわああああああああああああ~!


写真 1
とんちゃん
あみゃーてうみゃーでかんわああああああああああああ~!


写真 2
みそカツ
あみゃーてうみゃーでかんわああああああああああああ~!


写真 3
みそなし串カツ
もろちん、テーブル上のソースつぼにどぼんして食う。
ありゃ?あみゃーないで~
そう、甘ミソにしても、この店は以前の「のんき屋」ほど甘くはないのだ!

シメはもろちん、犬ちんと呼ばれる「はんぺん」。
写真 4
のんき屋では原発型のが出てきたが、こちらはチ×チ×型。
まあ、どっちにしてもあまりはんぺんとは呼べない代物である。

写真 1
なぜ、コレが犬ちんと呼ばれるか?

写真 2
かじれば合成着色料の毒々しい紅色が出てくるのだー!

写真 3
どうやっても犬ちんの断面にピントが合わない。
よっぱど悪い放射能が断面から出ているのかもしれない。
嗚呼、なぜカラダに悪いもの、こうウミャー?

ごちそうになっておいてこう言うのもアレだが、
やっぱりうみゃーでやすうでかんわ~!
★★★★★♪♪♪♪♪

スポンサーサイト

コメント

なんかなぁ

反応がニスイ(名古屋弁)よな、このジャンル。
俺たちだけかもな、これを旨いと思うのは。
大崎屋も閉店しちまうわけだ。

ニスイ、ニスイ!

でもその理由は味じゃなくてブログの人気のせいなのデハ(糞)?
大崎屋の分まで2店でまかなうからか、どちらも賑わってる。
でも、あの値段でやっていくにはアレでも賑わい不足なんだろうか?
いずれにせよ、コレはうみゃーで!
ご紹介、ホンマに感謝!

僕もこのお店に一票

僕もシグ鉄さんにつれていっていただいたこのお店で名古屋の味に開眼しました。ビールと一緒だとくどさが消えてすっきりとした甘みが引き立ちますね。

んだね

江戸の味、上方の味、どちらにも向かず、独自のデタラメな方向を向いた名古屋メシの極北だよね。
のんき屋はビールでさらにくどい甘さが立ち上がる!それもええで!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する