神戸・水道筋 串かつ 船越 

水道筋のアーケードも途切れたさらにその先にこの名店はある。
写真 3
なんともチェーン店の居酒屋風の外観がそそらないがっ!

のれんをくぐると、休日とはいえ、16時で満席!
入口すぐのカウンターがウマい具合に空いた。

写真 1
デフォルトで、甘くせつないソースに漬けられて出てくる串かつの豊潤なこと!

たいていは1本110円。

なぜ、なすだけ220円?

写真 2
1本まるまる素揚げだった!

コレがまたとろっとろ。なすではない、ウマいブタのアブラかなにか違うものに変化していた・・・・

写真 1
こちらは駅近くのこれまた串かつ「一燈園」。
屋台風ののれんが堪らん雰囲気を醸すが、なんとこちらが船越からののれん分けだそうである。
きっと、船越もちょっと前まではコレよりもっとスゴい風情だったのだろう。

串かつと串揚げ。
似ている、というか、おなじもんであるが
値段は3倍以上違う。
オレはもちろん、コースで出てくる糞のような串揚げ屋より、串かつ屋の方が3倍以上すきだ。

2軒目、とはいえ、ふたりでそこそこ食って飲んでなんと2000円台。
貧乏のクセに思わずやっすーと叫べば
マダムは「ソレがいちばん♪」と返してくれる。

この店もまた、大好きである。
★★★★★♪♪♪♪♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する