京都、八幡、橋本。 やをりき 

深まりいく秋、みなさんいかがお過ごしですか?
今日はぜひみなさんにご紹介したい店があるんだー!
そこで、京都、といっても大阪との府境に近い、橋本へやってきた!

RIMG0164.jpg
橋本・・・・
そう、かつて、京から大坂へいたる街道沿いの遊郭だった街。
その遊郭の建築が未だ残る。


京阪電車の改札を出たらその2m先に!

RIMG0107_20161112131542f39.jpg
「アサヒスタイニー」「洋食の店」やをりきはある!
大正14年開業!

モルタル塗りの外観はなんとなくそんなに古そうではないが、中に入れば!

RIMG0114.jpg
全体像を見る前に天井に文字通り釘付け!
そして視線を下ろしてみよう!

RIMG0108.jpg
うっわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ~~!
大正時代のままやんけええええええええええええええええええええええええええええええ~~!

そう、表側だけモルタルで誤魔化した、築100年以上と思われる、本格遊郭建築だったのだー!

そして今度は視線を右へ、カウンターを見てみる!
RIMG0109.jpg
うっわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ~~!浅田美代子があがあがあ~~!

RIMG0112.jpg
さすがにアサヒスタイニーではない

RIMG0116.jpg
灰皿が!ビールグラスがっ!
そしてなぜかモダンな箸と箸置き!

RIMG0117.jpg
出た!

RIMG0121.jpg
「ランチ」というのがこのハンバーグ定食である。
上の小鉢はめずらしい「切干大根」ならぬ「割り干し大根」!
おいしいから高島屋でこうてきてん、とはたった一人でこの店のすべてを切り盛る、お嫁さんのお言葉。
お嫁さん、といってもオレの2こ年上の、ボーイッシュなおばはんだ!
ていねいにこねたハンバーグは「ジューシー」には無縁なのがスラバやしい!
なによりがっさりとつぶされたポテサラが!
大正時代のハンバーグにはもちろん、完璧な焼き加減の目玉焼き!


RIMG0119.jpg
RIMG0120.jpg
オムライスももちろん、ふわっとろっには無縁なのがスラバやしい!
薄く焼かれたたまごにたっぷりかけられるソースの甘さが!
それよりなにより、お皿がかわいいだろう!?
ハンバーグにはハンバーグのオムライスにはオムライスに、それぞれぴったりあった、自由が丘の雑貨屋で買ってきたようなトレイもオバハンの
よい趣味が表れてるではないか!?

また来てなー
おばはんの声を聞きながら、またいつか、機会があったら寄ってみたいと思った、秋の一日である。
★★★★♪♪♪♪♪♪

スポンサーサイト

コメント

ひょっとして

目玉焼きの玉子、2個なのきゃ?

わしらの年代、オムレツと言えば、具を玉子焼きで巻いたものだったからなあ。

いや

いっこですよぅ。
そういえば高級ホテルの朝メシはたまごといえば2個セットだにゃあ。
オムレツはいまは違うの?たまごに具が混ざってる、ね、そういえば・・・

橋本

近くのS字カーブで夕日に輝く3000系クラシックタイプを撮影したのが良い思い出・・・・って、非鉄ブログなのに失礼致しました。こちらでははじめまして。何度かこっそりと、旅先での美味しいお店探しの参考にさせて頂いています。

駅前の細い道といい、独特の街並みだと思いましたが、3000系しか頭に無かったので、街歩きの余裕はありませんでしたが、小ぢんまりとした古い街並みは遊郭だったのですね。
濃い茶色のデミグラスソース(?)が美味しそうです。ファミレスでない昔ながらの洋食屋さんは首都圏ではなかなかお目に掛かれません。

ひ?

鉄道のことはよくわからないのですが(大糞核爆)、あす、イヌゲージ鉄犬という鉄道ブログでそのあたりのことが取り上げられるようですよぅ~。
ドミ、甘くておいしいです。
もしかするとウスターソースになんか混ぜた代物かもですが、それでいい野田阪神!

ついに!

行かれましたか!
オムもハンバーグも店の佇まい通りなのがいい!

ありがとうございました!

あの記事がなかったらこの店にはたどりついてません!
ありがとうございました!
そのとおりですねー
店と料理の婚前一体感× 渾然一体感がすばらしいと思います!

イイとこですね。

ちょい興奮した雰囲気は伝わってまいりました。

料理、皿、店の雰囲気、存分に
伝わりました。


だけど、トレイの微妙な違いは、

これじゃあ、あんまり、わからんぞー!!!

素晴らしい食堂ですね。椅子の丸みとカウンターデザイン、往時のチャブ屋風情が残っているとは思いもよりませんでした。こんど是非行ってきたいと思っています。

スバラシーですな

路線流失な鉄分不足で、カラフトから首都サホロまで一晩掛けてバスで行き、名物サホロラーメンで撃沈した我が身からしたら天国に見えます。

困難やったんか!
入りたかったです。

ひー

レトロムーブさま、

・・・・・・・・・・た、たしかにトレイはわからんなあああああああああ~!?
スンマセン!

はじめまして、でしょうか?
「ちょい」コーフン、当たってます!
今後ともどうぞよろしくお願いします!

はげっちさま、
機会あればぜひ!

嗚呼、シベリア抑留生活!

ぶりちゃん、
もうあの、トコマップの「クリスマス島」もないと聞きます。
サホロラーメンは一軒もウマいとこないっす・・・・
ちーん

うわああああああああああああああああ

おっちゃんまで、とうとうコッチきたかああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼~~

スラバヤしい

ボーイッシュなおばはんを口説きそうになりました。またいこ。

それがまた、なかなか落ちないらしいですよ(核爆)!
ぜひまた逝ってください!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する