名古屋、熱田の名店大和田でヒマツブシ 

昨日、9月24日で57歳の誕生日を迎えたオレだが、人生の半分以上をこの名古屋が誇る名物料理の名称を「ヒマツブシ」と信じてすごした(大糞核爆)。

写真 1
名店大和田!

写真 2
前夜、栄でどんだけ飲んでも、翌日の昼のうなぎにビーをつけない手は有馬温泉!

写真 3
キタ!

写真 1
芳醇なるおすまし

そして・・・・・
写真 4
長い人生初めての櫃まぶし!

これまでの56年間、オレはあらゆるメディアを駆使してこの瞬間に備えてきた。
すなわち、複雑なヒマツブシの作法の学習である。

写真 5
まずは茶碗に注ぐ。
バリっと焼けた、しかしふくよかな身!

そして、最後の一杯は!
写真 2
ねぎとわさびを載せ、茶を注ぐ!

こんなウマいものがあったのか!?
ずいぶん、損をした人生だった・・・・・
★★★★★♪♪♪♪♪

ちょうど店に入ろうとしたその瞬間、格子戸を開けて若旦那が出てきた。
お一人様?
どうぞ、ようこそ。
そしてホールを仕切るおねいさんたちの親切だが出過ぎないサービス。
さらにもちろん、ビールは大ビンである。
これだけの名店だが決して奢らない姿勢は実に見習いたいものである。


スポンサーサイト

コメント

えっ、お茶!

そうか、大和田は出汁じゃなくて茶だった。
それがまた合うんだよな。

ヒマツブシに阪堺は並べなかったのきゃ?

ひまつぶしったら

カスみたいなうなぎを茶漬けにするものと思っていたら、これは私が口にしたうな丼よりもうなうなしてる!

うなの存在しないシベリアが憎い!

えーっ!?

おっちゃん、ワタシより年下やんか!?(←そこに反応?!誤差やけどな)
いや、ひつまぶし、美味しいですよね。腹が膨れるので、ワタシは日本酒がいいな。えっへっへ。

ここは!

行きたい生きたい逝きたいっす!

みなさーん、ありがとうー

>モナ田さん
ひー、そうか、一般的には出汁をかけるのかー!?
でもココ、特にヒマツブシでなくてもうなぎ、焼き、タレと3拍子揃って最高。
ほんとうによい店を紹介いただき、ありがとうございました!

>ぶりちゃん
オレも同じ。これまで食ったどのうなよりうなうなやったー!
シベリア抑留暮らしはツラいのう~~!

>オバチャーーーーーーーン
コレが夜でオンナ連れで金持ちだったなら白焼き+酒から始めたかった!
白焼き+酒はハンドル× ハードルが高いなあ!
そうですか、オバチャン、御年上でいらっしゃいましたか!?これからはオネイサマと呼びます!

>トニーさん
ぜひ!

57歳おめでとうございます!還暦ロックが近いですね。

熱田といえば蓬莱軒で食っても死ぬほどうまかったのに、こっちの方がうまそうなのが凄いです。

そういえば、鉄犬じゃないグヤさんにお伝えしても仕方がないかもしれませんが、
先日、指宿枕崎線に揺られてきました。ビバディーゼル!

ありがとうございます!
還暦ロックでがんばります!

蓬莱軒は聞いたことがあるけどもちろん食ったことは有馬温泉。
もしかしてヒマツブシって、根本的にウマいのだろうか?

オレは鉄ちゃんじゃないからよくわからんが、ディーゼルはvivaじゃないし比婆でもないし、キハだ!
キハディーゼル!

ひまつぶし

だと思っていた頃が僕にもありました(爆

茶漬け(出汁漬けですね)にせずに食べてしまいたいタワケもんがここにもいます。蓬莱軒よりも身が立派な気がします。

御生誕おめでとうございまする。


お呪い、ありがとうございまする。
まったくそのとおり。茶漬けにせずに全量食いたいのは山々である。
江戸っ子だって蕎麦をつゆに全部ぶち込みたい、というアレといっしょ。
だから、
マニュアルどおりだと「残り半分は出汁漬けに」のところを「最後の一杯だけ茶漬け」にしタワケでアリマス。
結果は大成功で、やはり最後の一杯で十分、しかし、やはり最後の一杯は必要。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する