葉山の魚佐 

エロ島、とくれば、葉山である。
エロ島はバカみたいな場所だが、葉山は胡散くさい場所だ。
そもそもどうやったらあのような豪邸が別荘として持てる?
相当悪いコトをヤラねばならんだろう。
そして、くだんねー海沿いのカフェには浅黒いライザップけーの中年夫婦だ。
あー胡散くさい。


まさに葉山のど真ん中!バス通りから入ったトコロの魚佐。

なんとここも池田丸と同じシステムが採られ、開店前の行列のまずは順番を完全に把握したおにいさんが順番通りに店へ案内する。
それだけではない。7人以上は席が分かれて分かれたテーブル同士で盛り上がっては困る、クソガキ連れならなおさらだ、と7人以上の客は追い返す。
傲慢といえば傲慢。だけど、だからこその料理と時間を楽しめるのもまた真理か。
もちろん、その断り方は傲慢なものでも、慇懃なものでもなく、ごく丁寧である。

IMG_4662.jpg
IMG_4660.jpg
IMG_4661.jpg
IMG_4659.jpg
こりゃまたもっとモノスゴイわ~~!

刺身は最上級。
煮付けもウマい。
それより最初の酢のものと最後のフライ。
酢のものはコハダ、赤貝、みる貝だったがすべての素材のウマさを完全に引き出す、ほんのりとした酢。
えび、ほたて、鮭、かじき、ひらめのフライはあくまでも軽い。
いや、例え話じゃなくて箸で持ってもホンマに軽いのだ!


天ぷらよりフライに自信があるのだろう、池田丸でザンネンだった天ぷらはここにはまったくメニューにない。
味よし、値段よし、戦略よし。最高である。
★★★★★♪♪♪♪♪

スポンサーサイト

片瀬エロ島、 池田丸で朝からエロエロ食べる、飲む 

国道134号線を鎌倉方向から正面に富士ちゃんを眺めながら西へ向かうと、エロ島の喧騒のちょっと手前でものすごい人だかりを見たことのある方も多いと思う。

池田丸!

まあ、このあたりによくある、しらすを売りにした磯料理屋だ。
3階建ての古びた木造、池田丸の名称。狙ったわけではないのに狙いがミエミエというワケのわからなさがアレ。
開店45分前に名前を告げると後は・・・・

IMG_4567.jpg
店先でやれるのがイイ!

きっちり45分後。
名前を告げた順番に今度は逆に名前を呼ばれ、きちんと列をなして階段を上がる。
IMG_4568.jpg
IMG_4570.jpg
下界にはまだまだたくさんの待ち人がいるが、1ロット目で入れたオレを含めて、2階の天国へ到着。

そして、2階を切り盛りする2人のおねいさんがこれまたきっちり、最初に名前を告げた順に注文を聞いて回り、そしてこれまたきっちり、その順番通りに料理が運ばれる。
おねいさんは聞きもしないのに、本日オヌヌメの魚とその調理法を教えてくれる。
それに従うもよし、いやいやアレが食いたいというもよし。
超行列の超人気店だが、店は絶対になんの問題も起こさないように完璧なオペレーションを進めるのだー!

IMG_4574.jpg
IMG_4573.jpg
IMG_4572.jpg
うっわああああああああああああああああああああああああああああああああああ~~
どえりゃあうまーでかんわ!


たちうおの焼き物、ほうぼうの煮付けはオプションの単品。
昼どきは刺身盛りは定食しかないのと、「しらす」を食いたいなら「しらす定食」がお徳なので
刺身としらすは定食に。

IMG_4577.jpg
コレが生しらすだ!
みりゃわかる(糞爆)!

その生しらすが、たしかにコレはこれまで食ったものとは明らかに違う。
臭くないのはもちろん、その舌触りは
ねっちょねちょー!

IMG_4576.jpg
唯一の問題はこれ、しらすの天ぷら。
みりゃわかる(大糞核爆)!

さすがに揚げは家庭料理の域を出ず、悪いことに今度はコロモが
ねっちょねちょー!

そのほか、もちろん釜揚げしらすもついてきてけど、コレはおなじみすぎるルックスで写真を撮らなかったが!
それがまた!
ねっちょねちょでめっちゃウマいがなー!

IMG_4582.jpg
最後は煮汁をオンザライス!
きゃ~~!

★★★★♪♪♪♪♪


観音崎のココロのよりどころ、味美食堂 

写真 1
観音崎、横須賀美術館のテラスでは!

写真 2

意識高いけーのバカモノがああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼~!
昼間からワインとイタリアンでえエエエエエエえええええええええええええええええええええ~!



その向かいに!
写真 1
味美食堂アリ!

まずはもちろん!
写真 2
魚料理には白ワインだ!

アテは
写真 2
写真 3
カルパッチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ~!

写真 1
アナゴテンドーンはでかいぞ~~!


写真 3
タマネギテーンも隠れてる!

サイコーである。
★★★★♪♪♪♪♪

大型連休の三崎港、地元料理「阿木」 

連休二日目、よく晴れた土曜日はワケあって三崎口へ。
鉄道ヲタではないのだが、なぜか京急に乗ることとなったのだ。

あらかじめ、ネットで評判の店の前に着くたびに!
写真 5
道の両側に行列がっ!

写真 1
道の両側に行列がっ!
とくに、こちらのお店なんか「無国籍料理」って書いてあるよ~~!

というワケで
写真 2
その手前のここへ!

店にはいると!

客はゼロだっ(大糞核爆)!

ところが、どうしたことか、オレの後にもう2組、行列を離脱してついてくる。
いきなりの大繁盛に、愛想のよい女将のうんちくん、というほどでもない、
ほどよい魚の解説に力がはいる。はいりすぎるほどもなく。

写真 4
まぐろかまのから揚げ、「うまい棒」(核爆)。

写真
ちなみに、公募の結果決まったというヅケ丼の名称は「いいなづけ丼」・・・・・・

で、ビールも進んだところで
写真 3
中とろ定食だ!
「中とろがないので大とろと「普通のとこ」をたくさん盛りましたー(爆)」
ところが!
まあ、大とろはたしかにウマいが
「普通のとこ」(赤身だ)、のよさ!
正直、三崎のまぐろなど期待はしてなかったけれどコレはイイ!

調理場から聞こえる声も女の声だ。
この男臭い店をオバハン2人で回している。
相良直美とキャッシーが生きていたらこれくらいの年齢か、などと思いながら、ごちそうさま。
★★★★♪♪

写真 1
写真 2
写真 4
写真 5
ほろ酔い気分でなぜか、葛城ゆきの替え歌を歌いながら三崎港の街を散策。
「レズビア~~ん」

すると、なんと!ハラが減ったので
写真
産直センターで民宿あほうどりのマグロ二色丼!

さっきの「阿木」のものとはくらべものにならない。
スジばった赤身。
それでも、コレが550円なら、コレはコレでイイ。
みなさんの評価はいかがなものか、と帰り道、クグってみたら、キミマツがホメていた(核爆)・・・・・
(→キミマツ)
★★♪♪

箱根そば海老名駅店 

ダメなのはいっこだけかと思ってたら全部ダメだった、ということはよくある話ですね。

でも ゆで太郎のように全部イイと思ってても一部イイだけなこともある。

そこであの全部ダメだと思ってた箱根そばですよ!


ダメな相模大野から急行でさらにひと駅、海老名駅構内の箱根そばは!

イイ!

しかもこのワンコインセット、
半かき揚げ+えび天の天丼と
よいのどごしのそば、あっつあつのダシで
ごはくえん!

全部ダメかと思ってたら、イイ店もある。
チェーン店のなぞであーる。
★★♪