神話に挑まないカレー屋 

今回はカレーライスの話をしたい。

黄色くて具だくさんのカレーも決して嫌いではないが、私がより好むのはもっと黄色くて煮込みもせず、単に野菜のカレー粉炒めを片栗でガチガチに固めた安食堂のアレだ。

また、折角外で喰うのなら家庭料理を超えて黄色いモノを喰いたい。
従って、学生時代も東京のそれなりに黄色い店を喰い歩いたのだが、
インド人の本格カレーだの、あの、黒く、まろやかな欧風カレーなどには一切興味はなかった。

自由が丘、金田。
この知る人ぞ知る居酒屋で、しかもモナ田とバカ騒ぎの最中にその店の話を聞こうとは思わなかった。
(←モナ田のカレー)
(←金田にて)

その店の名は辛激屋!
写真 1
うっわ!
マズそうでウマそうやん~(なんのこっちゃ!?)


ルーの種類は大きく2種類に分かれる。
1.カレー(核爆)
2.欧風カレー(大糞核爆)


それに具を組み合わせる。
店主の薦めを待つこともなく!
写真 2
コレがチキンカレーだ!

黄色くもなく、黒くもない、なんの変哲もない。
もちろん、カレーソースポットでワケて出てくるような店ではない。
神話にもならないだろう。
そのコレが!
複雑怪奇な香辛料!
ウマいかマズいかでいえば
一口目は実にわけがわからない!

ワケのわからぬまま、一皿全部食ったら!
こりゃウマい!ウマウマくん、チョーウマい!
とにかくディスティンクティブ!
どこのナニにも似ていない!

強いて挙げればあの、神保町の名店、エチオピアをもっと激しくしたような感じだろうか?
(←エチオピア)

ご存知のとおりのカレー激戦区南船場。
つぎからはコレでないとダメになりそうな、いわばカレー中毒に挑むカレー屋である。
★★★★★♪♪♪

本当にマズいカレーの話はこちらからどうぞ!
(←オレが作ったカレー)

スポンサーサイト

大阪、西長堀、人気のカドヤ食堂の中華そば 

墓参りから帰って母にラーメンでも食うか、と誘ってみたら
ほいほいいこいこと。
いまどき伊達か酔興でしか母親をラーメン屋には誘えませんぜ。


実家から徒歩数分。
以前、あぶらそばのちょっと変わったヤツを食った、
いまや大阪では一番人気のカドヤ食堂の看板商品、「中華そば」!

魚介ダシがよく効いて、まあ、今風にウマいよ。
でも、大阪のおばちゃんが気軽な食堂だと勘違いの挙句ふらりと入って
このボリュームでこの値段じゃあ、びっくりしてまうがな。
★★ぷおんぷおん

大阪、西長堀・かどや食堂の白金豚旨味そば 

大阪市にも横浜市と同じく「鶴見区」がある。
20年ほど前に大阪鶴見区の鶴見緑地では
40年前の「日本万国博覧会」の夢をもう一度、と考えたかどうか、
「花と緑の万博」とかという名前だったか、
ダレも見向きもしない情けない見世物を開催した。
そのときの「花と緑」はいま!

立派なヤンキーのヤングパパ、ママに育ってしまった!

ああ、なんて柄の悪い・・・

その、鶴見区の「中華そば・カドヤ食堂」の名声を聞き、食ってみたい、とかねてから思っていた。



だってコレでっせ!

鶴見という土地柄、カドヤ食堂というネーミング、売り物は「中華そば」となれば
創業50年の老舗、と思うがな!

そのカドヤ食堂がバカモノの町、堀江地区に隣接する新町に引っ越してきた!
さっそく店の前の写真は撮ったが!
実はこの写真の左側はヒドい行列!

それでもついに!

kadoyaIMGP0032.jpg

(*^Q^)c[] ぷは~

そして!

kadoyaIMGP0033.jpg

コレが白金豚旨味そば

混ぜて混ぜて混ぜ倒して!

kadoyaIMGP0034.jpg

ウマー!

kadoyaIMGP0035.jpg

最後に無料でついてくる激小ライスでどんぶり掃除♪

結局、ただの油そばなんだけどね。

もの静かで、しかも愛想のよい店員さんたちは全員若く、
油そば、つけ麺をそろえ、
麺は奥の製麺室で自家製造。

吉本の芸人やら、東京のラーメン界の重鎮と目されるバカから
移転祝いの花やなにやらいっぱい届いていた。

ようは、創業50年の老舗ではなく、
レトロ感を狙いに狙ったニューラーメン

その割にはアタマは悪くない。
味もいい。
★★★★♪

インディアンカレーのカレースパ 

インディアンカレーはホンマにウマいが! 
カレースパもめちゃイケ! 


桃猫はんのこの記事を読んで一回試したろっと考えた! 
茹で置き、ならぬばっりばりの炒め置きスパに甘く辛いアノ、カレーが絡んで!
ウマイ!
★★★★★♪♪

大阪喰いモン事情(下)南船場、SKインターナショナル 

200909102010001.jpg
ウマい生ハムあります!

400円!

「SKインターナショナル」という名は
イタリア食材の輸入業者の名前らしい。
カウンターだけ10席ほど、7坪ほどのの小さな店。
看板すらない。
ワインは1杯、
200円!

カウンターに腰掛けて、ふと後ろを振り返ると
3坪ほどにパソコンやらコピー機が並ぶ輸入業者のオフィス。
イタリア直結の10坪へぜひ!
★★★★♪♪♪