実は名古屋の鮨がっ! 

まあ、世界中ドコのナニでもウマいウマいというおれだけど、名古屋と韓国だけは別だった。
ナニを食ってもウマくない。
それは地元のヒトに連れてってもらわないからだ、と3度目のソウルは地元のヒトに連れてってもらった。

・・・けっきょくウマないやんけ(大糞核爆)!

そこで名古屋だ!

名古屋市内某所。
立喰、とは書いてあるが、あくまでイメージであって、ちゃんと座れる。

IMG_5973_201712281236313ca.jpg
IMG_5975_20171228123633ba8.jpg
IMG_5974_20171228123633297.jpg
こ、コレわっ!

おれは関西人だが東京で暮らしている、東京はだいすきだけど夏に鱧が食えないのがツラい、ところで名古屋のヒトは鱧を食うのかとかなんとか言ったのだ。
店主は、食わない。食わないがあるけど食う?と。
IMG_5976_20171228123634685.jpg
見慣れた、雪のように白い鱧ではない。
出汁で湯引きして、そして自然に冷えるのを待つそうだ。
ソレが!
ウマい!


半年ほど前、初夏の話だ。
ここ数年、名古屋ではいつも地元のヒトにつれていってもらっている。
名古屋は韓国とは違った。
たいがいはモツ焼き、どて焼きの類へいくが、店を選べばなんと鮨までウマい。
地元のヒト、ありがとう!
たった1貫、小肌を握ってもらったが、死ぬほどウマかったソレを撮り忘れたのが悔やまれます。
だからまた連れてってー!
★★★★★♪♪♪♪♪


スポンサーサイト

名古屋 大須観音 やき鳥角屋がスゴかった! 


●大須●!

IMG_9140.jpg
大須!

名古屋、大須観音周辺は縦横碁盤の目に巨大商店街が広がる!
その大須の角に!

IMG_9127.jpg
角屋!

IMG_9128.jpg
「コ」の字のカウンターの中のオバハン。
注文を取ると、天井からぶら下がる拡声器で厨房めがけて注文を通す。
もろちん、狭く、異様に低い天井の店内は都度爆声が響き渡る!
ハツニホン~ レバニホン~

IMG_9139.jpg
注文を通したら今度はカウンターの淵にチョークで注文品を描く。
もろちん、ダレがナニを注文したか忘れちまうからだー(大糞核爆)!

IMG_9134.jpg
コップ酒は表面張力いっぱい!
そしてもろちん、たばこの吸殻は床に捨ててぬー(大糞核爆)!
IMG_9129c.jpg
IMG_9130.jpg
IMG_9132.jpg
IMG_9133.jpg
名古屋にしては甘くないタレはそれでもやっぱりこってり激ウマ。
もろちんニクも焼きも雰囲気も!
しかも串1本110えん、酒1杯250えん!
これまた世界最高レストランの一軒。
またいきたい!スグにでも!
★★★★★♪♪♪♪♪

名古屋、長命うどんで宇宙の真理を探究する (その2) いよいよ宇宙真理中央研究施設へ! 


このドコにでもありそうなうどん屋が実は宇宙の真理を探究する、人類の未来を左右しかねない場所であることは案外知られていないのはすでに報告のとおりだ。
前回の郊外型研究施設とはうってかわって、これではまさか、宇宙の真理を探究する極秘施設だとは思われないココが本店、すなわち中央研究施設である。
(←郊外型研究施設)

客の要望には可能な限り応え、宇宙の真理に一歩でも近づく。これがこの店の基本スタンスだ。
従って、裏メニューはいくらでもある。
前回は「うきし中」だった・・・・
そこで今回は!

IMG_5960.jpg
うどんの「う」、そばの「そ」、中華そばの「中」、都合3玉を一気に盛り込んだ、その名も「うそ中」!
宇宙はうそとくそだらけだー!


前回、うどんもきしめんも中華そばも同じ歯ごたえ、同じ味と報告したが・・・・・
IMG_5962.jpg
そばも同じだった(大糞核爆)・・・・

IMG_5963.jpg
もろちん、たのしく完食!

IMG_5961.jpg
こちらは今回もお連れいただいたモナちゃんの「きし中」の「ころ」。
ころとは「かけ」から「冷やし」に至る5段階の熱さの。冷たいほうから2番目だそうだ。
★★★★★♪♪♪♪♪

名古屋、堀田の名店 「串の品川」 

名古屋に立ち寄れば必ず新たな迷店へ連れてってくれるモナ田。
昨夜もまずは前回食って転がるほどウマいホルモン「昇龍」でやったあと、もう一軒串はどうだ、という。
(←昇龍)

駅ナカ「迷店街」の昇龍から歩くこと7、8分。
暗い路地の先に・・・・

なんですカー

ぶらさがる提灯いっこが唯一の照明機器!
アブラと味噌でどっろどろのカウンターで立ち喰うバカ者ども!

中に入れば!
IMG_4418.jpg
6畳2間(大糞核爆)!

そこでも盛大にバカ者が飲み食いやってる。

IMG_4420.jpg
味噌とんちゃんと味噌なし串。

IMG_4419.jpg
味噌なしはもろちん、コレに漬けて喰う。

そして!
IMG_4421.jpg
ドテ、味噌串カツ、そしてこんにゃく。
なんと!

コレがフツーにウマい!

えげつない甘さもなければ、なんだか高級な出汁も感じる。
砂糖と味噌しか味付けを知らないハズの名古屋でコレは不思議なほどのウマさだ!

のんき屋→八幡屋と順を追ってウマさがアップしてきた名古屋の串!
(←のんき屋)
(←八幡屋)
だけど・・・・

そろそろのんき屋のデラあみゃ~のも食いたい!
★★★★★♪♪♪♪♪

名古屋どて街道、串かつとん焼 八幡屋 

名古屋駅太閤口から北へ徒歩5分ほど、メインストリートを斜めに横切るのが、かの「どて街道」だ!
駅から遠いほうから、前回ご紹介した「のんき屋」、「大崎屋」そして本日ご紹介する「八幡屋」となんと、たった3軒だけ並ぶだけなのだ!
(←のんき屋)
写真 3
コレが八幡屋!
むこうの大崎屋の看板は消えている。
最近、長い間閉じたままだそうである。
まあ、同じ業態で3つ並べば、真ん中は弱いよな・・・・
その向こうに光るのがのんき屋の看板だ。

写真 1
ビールはもろちん、赤星ラガー★!

写真 3
そしてこの新聞紙を切った短冊が!

写真 4
お手ふきだー!
ゆびにびっちょりこびりつく、ねちょねちょの甘ミソを拭うのはティッシュでもあのヘンちくりんな濡れたヤツでもない!
コレがもっとも合理的なのだ!

写真 2
どて
あみゃーてうみゃーでかんわああああああああああああ~!


写真 1
とんちゃん
あみゃーてうみゃーでかんわああああああああああああ~!


写真 2
みそカツ
あみゃーてうみゃーでかんわああああああああああああ~!


写真 3
みそなし串カツ
もろちん、テーブル上のソースつぼにどぼんして食う。
ありゃ?あみゃーないで~
そう、甘ミソにしても、この店は以前の「のんき屋」ほど甘くはないのだ!

シメはもろちん、犬ちんと呼ばれる「はんぺん」。
写真 4
のんき屋では原発型のが出てきたが、こちらはチ×チ×型。
まあ、どっちにしてもあまりはんぺんとは呼べない代物である。

写真 1
なぜ、コレが犬ちんと呼ばれるか?

写真 2
かじれば合成着色料の毒々しい紅色が出てくるのだー!

写真 3
どうやっても犬ちんの断面にピントが合わない。
よっぱど悪い放射能が断面から出ているのかもしれない。
嗚呼、なぜカラダに悪いもの、こうウミャー?

ごちそうになっておいてこう言うのもアレだが、
やっぱりうみゃーでやすうでかんわ~!
★★★★★♪♪♪♪♪