ちから本店で「にくう」をくう 

広島市街を東西に突っ切る目抜き通り。
路面電車の胡町(えびすちょう)を降りてほんの少し!
写真 1
コレが広島市内そこかしこにある「ちから」本店だ!

写真 2
ええじゃろ(糞爆)?

本店だからってナニかいいことがあるわけではない。
だが、うどんと「むすび」と呼ばれるおにぎりだけの大企業は広島にしかない。
しかも、それはここ「ちから」だけでない。
ちょうど、日立と東芝が、三井と三菱があるように、広島には「ちから」と「むさし」がある野田阪神!
コレが民主主義、というもんだー(大糞核爆)!
(←むさし)
★★★♪♪♪

ちから本店から数歩歩いた駐車場の前の自販機がヘンだ・・・・
写真 3
出汁の自販機(大糞核爆)!
昆布入りと昆布と焼きあご入りの2種類がアリマス

スポンサーサイト

広島・薬研掘 豊後名物 吉四六 

まだ松も開けぬ1月6日、広島の夜の街、流川界隈に繰り出した。
写真 3
流川の本通の1本東、電車道の相生通りから薬研掘に入ってすぐ、小いわしの文字が躍る、なぜか「豊後名物」の冠がつく、居酒屋、吉四六。
写真右手の明るい屋台で手羽を揚げて売っているのが風情だ。

瓶ビール!
んで、もろちん、小いわし!


正月には漁はない。
だから明後日まで広島中、ドコへいっても小いわしはない、という。
なるほど、ザンネンながら小いわしは究極の地産即刻池消商品なのだ!

写真 3
店先で揚げる手羽。
バリっと揚がり、身は硬い。かなり時間をかけて揚げているのだろう、身からはアブラが抜けてシワシワになってしまっている。
コドモ騙しのジューシーさなんて無縁の世界。
ウマい!

写真 1
この季節、広島へ行ってカキを食わない手はない。
ふくふくの身をバターで焼いてなお香ばしい!

写真 2
バリっと焼けた皮、ふくふくとした身!
コレがアナゴだ!

そしてなんてたって安い!
広島の夜はぜひ!
ヒロシマ・モナム~~ル
★★★★♪♪♪♪


宮島口駅前 超有名店あなごめし うえの 

オレは鉄ちゃんなんかではないので早朝から広電宮島線で終点までいっちゃったりはしないのだ!
(←宮島線で宮島まで)


まだ午前10時台。
閑散とした観光地の目抜き通りにそびえる「うえの」ののれんをくぐると!

奥さん連中とメシヲタのデブで一杯だった・・・・・

153.jpg
154.jpg
いえ、さすがに有名店の高額商品です。
まさか、あなごはやっぱりうなぎの代用品ともいいません。
うなぎの代用品にしてはヘタなうなぎより高いですし・・・・

それよりなにより、こんだけ取っといて食わせたらさっさと出て行けという姿勢が気にくわん~~!
★★★★


岩国駅前 寿栄広食堂の中華そば 

山口県岩国は基地の町である。
キチガイの町ではない。
でも、まあ、似たようなもんだ(糞爆)。

写真 5
古い小さな駅舎を現在建替え中の岩国駅前広場。
工事中のクレーンなんかが繁華な雰囲気だけど、そんなことはない。
完全にウラビレタ駅前。
写真左端になんとなくうすーいピンク色が見えるだろうか?

RIMG0063.jpg
これだ。

もうすこし近づいてみよう。
写真 4
ラーメン/おみやげ/おくりもの/ラーメン・・・・

4種類の売り物があるように見えるが、アタマとケツがラーメンだから3種類だ。
しかも・・・・
おくりものってなんスカー!?

午後1時すぎ。
ほかには食い物屋もなく、まあ、ラーメン+餃子+ビールくらいはイケるやろ、と恐る恐る入ってみた!

写真 1
愛想の悪いババアに急かされて入った店内に客はゼロだ!

しかも!
おみやげもおくりものも
そして餃子もビールもねえ!
あるのはラーメン、大盛ラーメン、いなりのみ!


ほかに食うとこもない、ということは競争原理が働かない、すなわち、高速のPと同じく
高くてマズい以外はないだろう。失敗した、しかし、ほかに店もないのだからこんな町に来たこと自体が失敗したことになる。

写真 2
この地方ならではのしょぼいチャーシュー、もやし、青ネギ。
ちょっと濁ったスープにはけっこう大量の背油が浮かぶ。
コレは?
もしかして?

写真 3
この細麺がまた!
こりゃうみゃ~~!

気がつけばオレの後から客が入る入る。
間口は狭いが奥に案外広い店内はオレが出るころ、満席になっていた。
キチの町の昼飯は遅い。
★★★★♪


71年目の広島の暑い夏 紙屋町の御食事処大仙 

広島きっての繁華街、本通。紙屋町の交差点にも程近いアソコに!
写真 1
御食事処大仙!

写真 2
御食事処大仙!


広島の夏、といえばもちろん!
写真 3
小いわし刺!

広島の夏、といえばもちろん!
写真 4
手羽のから揚げ(なんでやねん!?)!

おやじと息子だろうか、カウンターの中にはオトコがふたり。
ホールには婆もいるが、結局息子がホールに出てきて必要最小限のサービスをする。
ずいぶん前から狙っていたこの天国、外観にそぐわぬ天国だった!
表に張ってある「和牛カレー600円」は昼も夜も出す、名物メニューだ。
★★★★♪♪♪♪

40も半ばを過ぎただろう息子はもう完全に標準語。
おやじは広島弁だが、ところどころにすでに標準語が混じる。
やわらかな広島弁はこの10年でずいぶん失われた。
このまま聞けなくなってしまう日も来るのだろう。
テレビの罪である。
あす、土曜日は8月6日。アレから71年目の暑い広島の夏だ。