恐怖の柴又 大和家の天丼 

柴又、あの帝釈天へのあの参道にへろへろの木造建屋あり!
写真 1
大和家!

390えんから10000えんまで、これほど値段の差がある食い物もめずらしい天丼。
しかも、390えんだからといってマズいとは限らない。
逆に有名だからといってウマいとは限らない。
そしてハイカロリーゆえなんとなくリッチな気分になるのが天丼であろう。(リッチな気分なのか?)

写真 2
な、なんやコレ!?

あの阪急そばで有名なひらべったい「オバQの死骸型」天ぷらが巨大化!それに甘くねちねちしたタレがタラっと!
江戸前天丼の正しい技法「揚げたてを甘いつゆにくぐらせて」いないのでバリッバリを通り越してガッチガチだ!
おまけになんの天ぷらなのかがわからない!

まーこんなもんだわ・・・・
★♪♪♪♪

渥美清マニヤならどうぞ!

スポンサーサイト

東武電車西新井駅ホームの「らーめん」 

高級ジャーナリストが以前から絶対の自信を持っておススメするので亀戸ぎょうざを食ったあと、さらに目指したのがココだ!
写真 2
東武電車伊勢崎線西新井駅ホームの!
らーめん(糞爆)!

自販機前で焦る高級ジャーナリストもウザいが、ここはマタを開いてどっしりとした体勢でひとりでやってるJKに注目だ!

写真 3
コレをなぜ自信を持っておススメするのかがわからない(大糞核爆)・・・・

しかもオバハンの脳みそがイカれてて、食券を出した後、順番をぶっ飛ばされたらもう食券を買っただけで終わりになりそうだった。
食券はラーメンと交換されて初めて価値を生むはずだ。
これがまさに食券乱用である。


実はこの駅から300mほど北方に「西新井大カーブ」と呼ばれる、東武電車のよい撮影場所があるらしい。
もろちん、東武電車マニアの高級ジャーナリストに教えてもらって知っただけだが。
すなわち、このドコにでもある「中華そば」、東武電車ヲタのソウルフードなのだろう。
(←西新井の大カーブ(大糞核爆))

【ねちねちー】北千住サンローゼのナポリタン【ねちー】 


北千住東口、パチ屋の2階

RIMG0102.jpg
サンローゼ!

RIMG0104.jpg
サンローゼ!

RIMG0105.jpg
サンローゼ!

店内は・・・・
RIMG0106.jpg
困難だ!

RIMG0108_201703271313566a6.jpg
困難だ!

RIMG0107_2017032713135419c.jpg
困難だ!

高級ジャーナリストであり、低級Nゲージャーでもある高瀬文人氏と北千住を通過するたびに、サンローゼでナポリタンはどうだ、とお誘いを受けていた。
だが、だいたい、氏と北千住なぞ通過する、というときは必ず、我孫子や春日部で爆食のあと、すでに空気すらハラに入らぬ状態になってからだ。
(←我孫子1)
(←我孫子2)
そして先日、氏のフェイスブックに予告訃報が。
サンローゼがなくなってしまう。
即座に、同行願いをコメントしたが、
私は忙しい、あなたはそれ以上に忙しいだろうが、と、ナニもすることもなく毎日を送っているオレに返答がキタ(糞爆)。
しかし、それではよっぽどアレかと考えたのか、結局同行いただけることに。

IMG_4022_20170327131344d06.jpg
半年ぶりの高瀬はハゲていた(大糞核爆)・・・・

IMG_4019.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪

しかし、目当てのナポリタンはこない。
いや、こないどころか、注文すらできていない。
時ならぬ尋常ならざる駆け込み需要に厨房が追いつかず、
御食事メニューの受付をしていない野田阪神。
かわいらしい、とても若いウエイトレスに30分に一度は聞いただろうか、お食事受付は始まりましたか?
都度、彼女はほんとうに申し訳なさそうに、まだなんです・・・スミマセンを繰り返す。
困った。
このまま、サンローゼのナポリタンを食わずに俺は一生を終えるのか?
そうだ、こまったときには・・・・
昭恵に電話だ(大糞核爆)!国税でなんとかしてくれるかもしれない(大糞核爆)!
とも思ったが、そもそも昭恵の電話番号なぞ知るわけもない。

実は、この日、高瀬は先着していて、席を確保してくれていたのだが、
オレも約束の時間より早く到着したこともあって、店内をよく見ず、ウエイティングリストに名前を書こうとした。
わかいウエイターは
いつになるかわからないので入店受付を中止しています。書いてもお呼び出しできません、
とワケのわからないことをいう。
こうした場合、
「アバレル系」のオレは暴れるのが常だが(大糞核爆)、
なぜか、この若いウエイターにはハラが立たない。
ハラが立たないどころか、
きっと厨房がパニックなんだろう、席が空いているにもかかわらず、客を断るのは本当にむずかしいことだろうに、
このおにいさんは本当に上手く対応して、このアバレル系のオレをたしなめている、と妙な感動を覚えたのだった。

レーベンブロイを呑むこと、2時間以上。
恒例の高瀬との人の悪口やエロ話もひとしきり終わった頃、件のウエイトレスがやってきた。
変態お待たせしました×
たいへんお待たせしました、御食事のご用意ができるようになりました。
ひゃったー!

IMG_4023.jpg
なにごともなかったかのように出てきたナポリタンの麺は
異様にねちーとしていて、少々冷えてくると、麺同士がねちーとだんごのようになっている。
初めての食感だ。
なにに近いかと言うと、ウマい讃岐うどんのマネをしたまずい冷凍うどん、それだ。

だが、そんなもんはどうでもよい。
レトロ感とモダンパチンコ店をムリクリくっつけたインテリアもすばらしいがそれもどうでもいい。
若いのに、ほんとうに、たのしそうに、そして客の身に立ったサービスをしてくれた
おにいちゃん、おねいちゃんたち。
ほんとうにありがとうございました。
サンローゼはあす、3月28日(火)で閉店するそうです。
★★♪♪♪♪♪

尾花の鰻 

うなぎというだけでウマい。
しかもやっぱりうざく、うまき、白焼き、かば焼き。
うなぎはニッポン料理に限る、と世界中だれもが思うと思う。
フランスとか中国とかでうな丼チェーンやったら儲かるかもしれぬ。

IMGP6583.jpg


尾花!
この白のれんにでっかい
尾花
が、なんともまあ、異国情緒すらかもしだす。

ニッポン料理のうなぎはウマい。
スーパーで買ってきてもウマい。
ウマいうなぎはもっとウマいがうなぎというだけでウマいもんだからどうもピンとキリの差が小さいような気がする。

IMGP6591.jpg

うざく
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMGP6589.jpg

うまき
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMGP6593.jpg

白焼き
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMGP6599.jpg

うな丼
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMGP6600.jpg

ちょっと寄ってみた
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレはピンを完全に通り越してぴんぴんや!
予想をはるかに上回るふっくらとろとろふくふくこってり感!
ココでしか喰えないのが悔しいくらい!
★★★★★★★★

鰻の名店「尾花」
その後、南千住から浅草へ
甘味の名店、初音茶屋
IMGP6613.jpg

最後にかき氷を食ったのはおそらく30年以上前の話だ。
暑いときの氷ってこんなにウマかったのか。
そしてさらにその後!

まともな記事は同行諸氏のページでどうぞう
おいしい鰻に言葉は要らない……南千住「尾花」【ayanolog】
千住名代「尾花」の鰻【タコ壺】
江戸道中美味栗毛③(老舗うなぎ編) 【花侍の甘くて幸せな日々】




金町、おふくろの味、金波食堂 

なんで葛飾へ(><?!

IMGP4930.jpg

ドコにでもある食堂


IMGP4931.jpg

むちゃくちゃなメニュー
なぜか赤い字になっている、ミートソースやきそば・・・・

IMGP4933.jpg

これがミートソースやきそばだっ!
ウマい、マズいなんていう評価は出来ません。
スキです、コレ。
ダイスキかも。。

IMGP4936.jpg

なぜ、生ハムなぞとゆうオシャレなもんがあるんか?

IMGP4934.jpg

ハムエッグ

IMGP4935.jpg

ハンバーグ

IMGP4937.jpg

ミンチカツとコロッケ

ちゃんとおばちゃんが全部作ってるねん。
F級グルメの決定版!
ごはんと味噌汁もめっちゃウマいよ。
★★

金波食堂