浅草、珠玉の天ぷら、多から家 

浅草、といえば天ぷら、らしい。
糞ガイジンが列を成す有名店はいくらでもある。
そんな店はまあ、大概、アレだ。。。
(←アレ)

だが、国際通りでひときわ目立たないこの店は違う。
とうとう写真撮影に性交× 成功した!
(←写真なし)


店主にワガママを言って揚げてもらった三歳× 山菜。

IMG_4476.jpg
店主にワガママを言って揚げてもらった白えび!

こりゃウマいわああああああああああああああああ~~
ウマあてウマあて、昼からビールがじゃんじゃんススム!

香ばしいさくさくの歯ごたえのコロモ。
新鮮なネタ。
ほんとうに、ココで喰うと刺身で喰うより魚はウマくなる。

そして!
IMG_4478.jpg
天井× 天丼!

揚げたてを天つゆにくぐらせ、そのままポタポタと天つゆを落としながらどんぶりメシの上へ。
それが瞬間芸だからか、ほんとうにさくさくしたまま、天つゆのウマみが天ぷらに、メシに行きわたる。
そのごはんがまた!

天丼は材料によってたくさんの種類がある。
予算の都合上、えび、いか、きすの3色天丼。
それでも十二分に満足だが、ぜひ、みなさまには掻き揚げも召し上がっていただきたい。
クリームみたいにとろける掻き揚げである。
★★★★★♪♪♪♪♪

店主はプロ・ビーラーちゃんの同級生(爆)♪
世界No.1レストランだ。

スポンサーサイト

浅草 三定の天丼 

いまは山形に暮らす、やきそばと天丼が大好きな後輩が東京へ遊びに来るというので、デハ浅草で死ぬほどウマい天丼を食おうということになった。
もう昨年、2月の話である。
そして、お連れした「多から家」は定休日だった・・・・
(←世界最高、「多から家」(画像なし))

浅草の天ぷら屋といえば大黒。
多くの観光客が列を成すがまったくぜんぜんウマくない。

そこで仲見世のあの角の第2の有名店、三定には初めて入った。


コレが正調、江戸前天丼だ!
揚げたてを甘い天つゆにさっとくぐらせ、あつあつの白ごはんに載せる!
バリっと揚がった天ぷらを天つゆにくぐらせることによって、天ぷら全体にタレが沁みる。
この段階でふにゃらせるようなことがあってはならない。
天つゆにくぐらせてなお、バリっと!

もちろん「多から家」はバッリバリだ。
大黒はすでにその点で脱落。ダメだ。

で、この三定。

ふにゃふにゃやんけええええええええええええ~~!

★★

浅草地獄商店街 寿司亀 

浅草地獄商店街・・・・


その「やきそば福ちゃん」を過ぎ、突き当りまで歩く勇気があれば歩けばよい。
(←やきそば福ちゃん)

そこに!
写真 2
寿司亀!

写真 1
なんですカー、この腐ったレジスターわっ!?
さすがのオレも、このレジを触った手でにぎらないでホシーような気もする・・・・

そして!
写真 3
ウマくなさそうに見えて実はウマくないのがウマい(なんのこっちゃ!?)!
ぜひ!
★★♪♪♪♪

浅草、地獄商店街 やきそば福ちゃん 

地下鉄浅草駅を降りると、地獄に直結しているのはご存知だろうか?


浅草地獄商店街のやきそば福ちゃん!
(←地獄商店街はこちら!)

もちろん!
写真 1
赤星ラガー!いぇ~~い!

写真 2
もっちもちの太麺、こってりあまーいソース!もちろん紅ショーガ!
ウマそうに見えて、そうでもないのがウマい!(なんのこっちゃ!?)
ぜひ!
★★♪♪♪

浅草、天ぷら、多から家 

母と息子さんで切り盛りする浅草、多から家
息子さんは(その恰幅のよさと髪の毛のおかげで)何代目かの大将の風格漂うが実はオレより一回りほど若いらしい。
彼の揚げる天ぷらはこの世のものとは思えん。
どんな新鮮な魚も刺身より、彼に揚げてもらったほうがウマくなる。
エノケンもロッパも通った名店だが敷居はめっちゃ低い。
最高にすばらしい店だ。

この季節、「ぎんぽ」という魚を出してくれる(ことがある)。江戸前で捕れる幻の魚。もはやクリーミーともいえる身をよくぞこないにウマい具合いに揚げる!
さらに隠しネタ、全部出せと脅すとそれはそれはめくるめく世界が!
超オススメだっ!
★★★★★

多から家
マルチポスト先はこちら