大阪・谷九 お好み焼き もみじ 

あの洋食屋「こがね」から東へ向かって上町台地を登ると谷九の駅に至る。
道の両側はラブホだ!
大阪人なら、一発やる前にお好みだ!
大阪人なら、一発やったらお好みだ!

(←洋食「こがね」)

写真 1
そこにお好み焼き、もみじ!

夕立の後、店の前に置かれた行列用の椅子5脚が濡れている。
オレの前には案の定、カップルが2組。
出てきた店員が雑巾で拭いた椅子は4脚!
もう1脚拭かんかいっ!

きっとデリバリーに問題があるのだろう、店内にはたくさん空席があるが、
どんどん列が伸びるのに客を店内に入れない!

せっかく焼けたお好みは出前に回すから入った客も食ってない!

なんか、アタマ悪そうやー(糞爆)

こりゃ、店に入ってもきっとなかなか注文品にありつけなさそうだ、と小一時間も待ったが立ち去ろうと決意した瞬間に入れてくれた。

注文したのは!
写真 2
ポンと出てきたすじポン!

そして!
豚玉、ネギ焼き、御坊焼き!

写真 3
写真 5
写真 4
あああああああああああああああああああああああ後から写真見てもドレがドレだかわからんわああああああああああああああ嗚呼嗚呼~

カウンターで必死で焼きまくるガッツあふれるご主人。
ホールを仕切るのは愛想のよい、若い女将だ。
そのテキパキとした対応は店の前で並んで待っていたときの正反対。

御坊焼き、とは
やきそばにたまごを絡めて固める、和歌山県御坊でしか食えない「せち焼き」のこと。
「せち焼き」といっても大阪では通じないので「御坊焼き」としたのだろう。
10年ほど前までその、本場のせち焼きを東京でも食えた。
大田区池上の「朝日堂」だ。
なんでも、御坊にある朝日堂をやっていたんだか、勤めていたんだかのオバチャンが息子さんを訪ねて池上に越し、そこで始めた、と聞いていた。
その話をちょっと女将に告げると、
なんと、女将といっしょに御坊の朝日堂に勤めていた女将のお母さんだったそうである・・・・
いや、びっくりした。

実はいまも御坊には「もみじ」も「朝日堂」もあるからややこしい。
以上のエピソードもどこかおかしいような気がする。
あんまり深く考えてもアレなのでカンタンに言うと
めっちゃくちゃウマいやないか!
★★★★★♪♪♪♪♪

スポンサーサイト

大阪日本橋 グリルこがねがたまらん! 

大阪ミナミのメインストリート、千日前通。御堂筋やエビスバシは言うに及ばず、そのまま東へ向かって繁華な街並みが続き、堺筋を越えたあたりからはむかしからのラブホ街。松屋町筋を越えると急坂になり、上町台地への坂を上りきって谷町筋に交差する。
両側には由緒正しい寺が無数に並ぶ、大阪きっての寺町だが、いまは歩行者の8割は中国人であーる。
そんな千日前通、松屋町筋から少し。
写真 1
グリルこがね!

写真 1
休日のランチはやっぱコレだよね!

まずは
写真 2
ポタージュ!
コク深く、しかしさらさらとした食感はまさに王道!

そして!
写真 5
Aランチ!
左からエビフ、ビーフシ、ミンチカ!
そしてミンチカのむこうにはほんの少しのマカロニ
どれもが王道中の王道。しかもていねいな料理っぷりは一口でわかる!

もちろん!
写真 3
オムライース!
糞ふわとろのたまごなんか糞くらえ!
このピチっと巻かれた薄焼きたまごのウマさはもちろん王道!
おそらく親子で仕切るキッチンもにこやか。料理はもちろん、ホールの奥さんの接客もていねいだ!

大阪は地下じゃなくても奥深い。
★★★★♪♪♪♪

肉うどん、うどん抜き 

めずらしく、2回連続で肉うどんをアップした。
肉うどん、といえばなんば「千とせ」だ!
(←千とせのニク吸い)
その、花紀京が昨夜亡くなったそうだ。
オレももうダメだー!

ヨネヤのはむカツ 

前回ははも、今回ははむだ!

はむ2本!左が黒いのはすでにソースに漬けちゃったからだ。

DSC_0043_20121021121525.jpg
ヘロいハムがヘロっと!

なんと!
1本30えん!
「サービス品」とはいえ30えんは安いやろっ!

DSC_0046_20121021121525.jpg
もう牡蠣も出ている!左はイワシ、右がカキ。

DSC_0047_20121021121525.jpg
ウマい!

人生の二度づけ禁止!

★★★★♪♪♪♪

ヨネヤのはもカツ 

大阪の夏といえば鱧(はも)!

湯引きしたものを梅肉で食うのが最も一般的だが、
ヨネヤの串カツで食うのはもっとウマい!

人生の二度づけ禁止!
(←前回のヨネヤはこちら)
(←前々回はこちら)
★★★★♪♪♪