近鉄四日市駅前の風俗街、大衆酒場えびすでびっくりする 


四日市の夜は遅い。
立ち飲みに風俗、労働者や出張者向けの糞のような店が朝まで開いている。
だが、10時に食い終わって表に出たらすでに看板の明かりは消える大衆酒場えびすのL/Oは9時半。
夜の街でなんとヤル気のない飲み屋なのか?
トコロがっ!

IMG_5014.jpg
小さな楕円の洋皿にこれでもかーとむっちり詰まって出てくる、ニュー感覚の刺盛にはあわびに生しらす、えんがわ、さざえ、赤貝にシャコの高級食材!
赤身やイカ、鯛なんかはもろちん下に敷いてある(核爆)!
コレはウマい!むちゃくちゃウマい!

IMG_5021.jpg
さらに驚くのがコレ。
「いろいろ魚のづけ」
鯛、赤身、それに鰹などなどのブツがづけにして、生卵、ねぎ、わさび、海苔とかきませるとコレわっ!
で、380えん(大糞核爆)!
IMG_5015.jpg
IMG_5016.jpg
IMG_5017.jpg
IMG_5018.jpg
IMG_5019.jpg
ふくふくのアジフライは2尾で280えん・・・・
1尾140えんならスーパーで買うのとたいしてかわらないがアジの味はまるで違う!
最後の掻き揚げは桜海老。
静岡なんかで喰ってる場合ではない。
網焼き和牛は松阪の倍のジューシーなニクをなんと980えんで。
さらに・・・
オバケは写真を撮るのを忘れるほどの食感だった(大糞核爆)・・・・・

世界最高峰レストランの1軒。
すばらしい。
★★★★★♪♪♪♪♪

これだけの味をこの値段で、完璧なサービスで食わせるには10時には店を閉めねばならないのだった。
地元の方は「四日市の誇り」と口を揃える。当然だろう。

スポンサーサイト

桑名にイッたら新味覚の餃子、食わな! 


JR倒壊、近鉄桑名駅改札直結!

IMG_4966.jpg
ココロふれあう桑栄メイトといえば!

IMG_4967.jpg
味覚の店 新餃子×
餃子の店 新味覚!


回りはもろちん、ココロどころか袖すらふれあわないシャッター商店街だ!

餃子2枚!
などと注文したらあかん。

座ったら、ビール!とだけ言ってちょーだい!

すると自動的に!
IMG_4969.jpg
スグ出てくる!

IMG_4968.jpg
日曜の昼さがり、こんな感じはいかがでしょう?

食い終わったら・・・・

IMG_4970.jpg
皿をそっと自分の目の前のカウンターに置こう!

すると・・・・

IMG_4971.jpg
またスグデター!

店の奥では婆さんたちが餃子を巻いている。
いったん冷蔵庫には仕舞われるが、まあまあ巻き立て。
だから皮はバリっと!
ウラ皮はふくふく!
餡はもちろんすばらしい!

40年も前、かつて、赤萬でも、店のウラで婆さんが巻いていた。
(←赤萬)
あのころの味を思い出す、この世でいちばんウマい餃子がこんなトコにあった。
★★★★★♪♪♪♪♪

しまった!岐阜、多治見、匠のラーメン 


新聞読みながら焦げてがりがりになった餃子をアテにビールを1本。
で、「ラーメン、オネガイしますぅ。」
200909291844000.jpg
はい、ラーメン






ちょっちょっちょっちょー!
10秒もたっとらんやんけーえええええええええええええええええ~~





おそらくあまりのヒマさに
餃子を食っている隙に勝手に作ってしまってたんだと思う。
大嫌いな細い縮れ麺は延びてる!
スープはヌルイ!!
自慢のトロ肉チャーシューも都会ではあたりまえやで!
井の中の蛙、大海を知らず、とはこのことかいな。
・・・・と悪態を吐くとふと思い出す、その続き。

されど大空を知る!

ホンマかい?!
×

多治見駅裏、空き地のプレハブ焼き鳥、鳥藤がしこしこ 

新橋の有名なだけでちっともウマくない焼き鳥屋で
煙に巻かれて5000円も払ったら死にたくもなる。


夜もまだ浅い時刻、
JR多治見駅裏の倉庫やら畑やらなんで間違えたかマンションなんか
むちゃくちゃに入り混じった荒野を歩いて見つけた
プレハブ小屋。
薄汚れたカウンターには名古屋コーチンの能書きが垂れてあるが、大して期待もしなかった。


ところがこの焼き鳥!

めっちゃウマい!

濃厚なニクの味。
しこしこの歯ごたえの後にはじゅわーんとした脂!
そして!

タダみたいな値段!
★★★★♪

先客はふたり。
両方ともオンナだった。
若いオンナのひとりメシがやきとり+焼酎とは、
多治見ってすばらしい。

ちなみに店のおやじはそうモテる風情でもなかった。
そしてひとりはオンナだとわかったが
もうひとりはごちそうさまの声を聞くまでわからなかった。

岐阜多治見市、讃岐うどんなかざわ家 

岐阜県、という県は恐ろしい県で、
県庁所在地の岐阜が名古屋の西方にあるためか
関西に近いイメージもあるがそこから右上に伸びること200km、
長野はおろか、富山、へたすりゃもうちょっとで新潟まで接しそうな勢いで広がる。
そんな岐阜県多治見市の名産はタイル。
タイルといえばイタリア。
イタリアといえばイタリア料理(あたりまえか)ということで
こんな田舎町なのにやたらピザ屋やイタリア料理屋が多い。
実際、イタリアから出張してくるのだろう、イタリアンタイルマンもそこかしこで見かける。
そんな多治見での遅い昼食は!



讃岐うどん
街道沿いのチェーン店で、本部は名古屋なのになぜか讃岐うどん
なにをいまさらな讃岐うどんは!?

200909281403000.jpg

ウマい!
デカい!!


3玉は入ってるだろう大盛は
なんと3玉入り。


3こ分はあるだろう100えんかき揚げは
なんと3こ分!(じゃあ1こ分、ってどんだけ?)


流行って廃れたチェーンの讃岐うどんやは
たいがいエッジの立った、人工的な歯ごたえを売り物にしていたが
ここのはエッジもたたず、
歯ごたえもそんなに硬くない、
どちらかというと、もう少しで、
スーパーで売ってるゆでうどん玉の風格!

それがなぜかウマい・・・
★★★