fc2ブログ

神戸・長田 ハルナのブタモダン 

神戸・長田にはなんぼでもお好み焼き屋がある。
すでに「志ば多」「まるき」はご紹介済。
(←志ば多)
(←まるき)
いずれも最高!
だが!

最高がそんなにあってええんか!?

IMG_3957_haruna.jpg
最高!
外から見るとそこそこデカそうな店だが、ドアの向こうはすぐに壁!
壁とドアの間の空間のど真ん中にデカい鉄板が鎮座し、その向こうでオッサンまたはばあさんが焼く。
こちら側には例の丸イスが5個。以上おしまい。
一番の特徴はモダン焼のそばだろうが単品の焼きそばだろうが
ギューギューこてで押しつぶしながらそばを焼くことだ!
たぶん、絶妙の力加減なのだろう、押しつぶしてはいるのだが、押しつぶされていない。
むしろ麺がええ具合にアブラが回っている。
第二の特徴はなんと酒類を置いていない!あるのはコーラと例の長田の宝、「アップル」くらい!
そしてなんとなんと!
後から一人で入ってきた女子客はおもむろにトートバッグから缶ビールを取り出すではないか!
持込OKなのであーる・・・・
3番目、というかホントはコレが一番の特徴はこの狭い店にいるオッサンとばあさんのふたりがとてもとても親切なことだ!
なお、オッサンとばあさんが夫婦なのか親子なのかもわからない(糞爆)
もちろん、表面はカリっと、中身はトロっと・・・
甘めのソースがこれまた。
最高の名店!
★★★★★♪♪♪♪♪

スポンサーサイト



神戸、長田 まるきのお好み焼き! 

あるベトナム人が長田でビジネスに成功、それを機会にベトナム料理屋もいくつか見られるものの、やはり長田はお好み焼きの都だ。
新長田の街を歩いても、飲食店といえばお好み焼きしかない!!
商店街を外れた市営住宅の1階も!

お好み焼きまるき!
韓国出身のおねえさん、いやおばさん、いやおばあちゃんだがそうは見えないご婦人が店内いっぱいに広がる鉄板に向かい、客はその周りで食う仕組み。とはいっても3人で囲むと店いっぱいだ。
「すじ変わりモダン」さっそく焼いてもらいましょう!
IMG_0968_maruki.jpg
見えにくいが、鉄板にはブタの背が転がしてあってそこからアブラがちょろちょろと滲み出す仕掛け。
まずはタネを敷き、キャベツを載せる。
そばは別焼きだ!

IMG_1229_maruki.jpg
適度な力で押さえ焼く。
まだそばは別焼き

IMG_1231_maruki.jpg
そばにソースを絡めてさらに焼く
まだそばは別焼き

で、お好み部を焼けたそばにひょいと載せ、また押さえて合体、そして裏返して!
IMG_1232_maruki.jpg
自分でテコで切る!
IMG_0976_maruki.jpg
死ぬほどウマい!
しかも焼きそば本来の食感も楽しめる!
これがまるきの変わりモダンだ!

爺なのでお好みとそば焼両方はムヒという向きには絶対のおススメだ!

それでもやっぱりという向きには!
IMG_0974_maruki.jpg
そば焼もめっちゃウマい!
★★★★★♪♪♪♪♪

ところで、昨日ご紹介した「志ば多」もここも「カレー粉」を追加できる。
それがまたたまらんのだ。
特に「志ば多」のカレー入りは化ける!お好み焼きのレベルを超えるのだ。
こちらの「変わりモダン」はそれだけで最高なのでカレーを加えてもそこまでは化けない。お好みでどうぞ!

神戸、長田 志ば多のお好み焼き! 

神戸、長田と言えばあの1995年の大震災で焼失した悲惨な光景が目に浮かぶ。
それから30年近く・・・
あっという間に元のしょっぼい街並みが再生されている!(大糞核爆)
長田のお好み、といえばそりゃもう泣いても食えるもんじゃない(爆糞)!
JR新長田から海へ向かって徒歩7,8分・・・

お好み焼き志ば多!

さっそく焼いてもらいましょう!
IMG_0908_shibata.jpg
スジモダン!
この薄くパリパリに焼けたエッジを見てくれ!

IMG_1216_shibata.jpg
ソースを塗ってもらって

IMG_1217_shibata.jpg
切って食う!

嗚呼

続いては
IMG_1571_shibata.jpg
ちゃんぽんそば焼き2玉!

少し寄ってみましょう!
IMG_1570_shibata.jpg
おお・・・・

さらに!
IMG_1572_shibata.jpg
ごく一部が焦げてパリっとした食感がもちもち麺のすんごいアクセントに!
もちろん、長田の地ソースのまったり感もたまらねー!
ちゃんぽん、とは麺のことではなく、ニク、エビ、タコの具が全部入った「ミックス」を指している。

このスジ焼き、
古くはニク天と呼ばれ、現在はぼっかけと呼ばれ全国区に。
通常焼きそばといわれるアレは長田ではそば焼き。
焼きそばにメシを混ぜた「そばめし」ももちろん、ぞれらすべてがここ、長田出身だ!
志ば多では11時の開店と同時にオッサンがひとり、またひとりとふらふらカウンターに着席し、ビールを煽っている。
もう少し経つと近所のおばはん連中がしゃべりに来る。
人生はこうでなくては、とウマい上に教えてくれる、こんなエエとこほかにない。
★★★★★♪♪♪♪♪

神戸新開地 洋食屋ゆうき そして喫茶エデンでアイスコーヒーを 

むかしむかし、神戸の大繁華街といえば新開地、だったそうだ。
もちろん、ぼくが神戸で遊んでいた頃はすでに神戸の繁華街は元町へ、そして三宮へとどんどん東へ移っていった後。
その反映を知らない世代である。
それでもこのあたりに今も洋食屋やモダンな喫茶店がたくさんあるのはその名残だ。


その新開地、現在時刻は午前11時半。
バックの黒板に書かれるランチメニューは!
a.ミニハンバーグとエビフライ
b.ビーフカツレツ

うっわあああああああああああああああああああああああ~~
一生迷いそうや~~~!


しかも!
R1113074.jpg
すでに行列!

そして!
R1113077.jpg
ビフカツ!

ニクが薄いのはサービスランチだから仕方ない。残念。
しかし、揚げ、ソース、付け合せにはまったくスキが有馬温泉!
すばらしい。
★★★★♪
(←ニクNo.1はこっち)

続々訪れるお客さんに席を譲り、すぐとなりの・・・・
R1113078.jpg
エデン!

R1113079.jpg
この空気感。

創業は昭和23年。
残念ながらすでに淀川長治はすでに活躍の舞台を神戸新開地から東京へ移していた。
★★★★♪♪♪♪♪

本日の赤ちゃん 

神戸・新開地、といえばいにしえの繁華街。ここで始まった日本映画の歴史を淀川長治はつぶさに見て育ったという。
いまは大阪・新世界や横浜・黄金町同様、ヘタレのおっさんとトルコ嬢の街だ!

DSC_0072.jpg
駅の地下街もこんなんですわ・・・


チャップリンあたりをイメージしたか、山高帽子のダンディのモニュメントが!
だが!黄色いその外形はいったい?!
お好み焼きのコテかいな~!?

新開地からは山へ向かって商店街が伸び、その先は湊川と呼ばれるこれもヘタヘタの繁華街となーる!
その湊川の入口に!

DSC_0080.jpg
赤ちゃんでたー!

神戸のヘタレタウンにはかならず、この「赤ちゃん」がある!その数、6、7店。そのすべてがどこで見かけたのかも忘れるような立地だし、味も値段もそれぞればらばらだという。
ここ、湊川の赤ちゃんは!
DSC_0081.jpg
すばらしい~~!

日曜の昼間からひとりでぷはぷはやりながらヤるには最高のシチュエーション!
同じ思いのおばはんとかおばあちゃんもたくさんいるのが湊川の特徴!
ただし、店は
大井町のブルドックよりきちゃない! 
★★★★♪♪♪