あれから10年 築地 多けの(たけの)食堂 

あれからちょうど10年が経つ。
(←あれ)

いま、築地は!

移転しません!

そんな築地、場外といえば!
IMG_5402.jpg
おさしみ、天ぷら 多けの!

IMG_5403.jpg
うーん
こんなもんもあるのかー。
最近はTVや雑誌に取り上げられることも多いらしく、OLちゃんなんかのお客ちゃんも多いもんなー
でもオッサン4人でカキってなんかなさけねーなー!

IMG_5404.jpg
IMG_5405.jpg
いまは安心、安全のお刺身。
豊洲に移ったらわかんねーぞ(大糞核爆)
安心と安全は違うって安全だったら安心だろ!?
安全じゃなけりゃ安心してる場合じゃねー!

IMG_5406.jpg
イモががつがつカタイポテサラが法外にウマい!

IMG_5407.jpg
バリバリに焼かれてアブラが全部堕ちたアナゴの白焼もウマい!

IMG_5408.jpg
10年前は?だった天ぷらもウマい!

IMG_5409.jpg
煮魚はかわらず甘くこってこての煮汁だが、前回より格段にウマかった。
今回も前回同様、写真を撮る前に箸をつけてしまった・・・
よっぱど煮魚スキーだな、オレ。

IMG_5410.jpg
ニク豆腐でおなかいっぱい♪

カツ丼がウマい、とか
ほかのテーブルの焼き飯、やきそばも法外にウマそうだったが
もう食えなかった・・・
今度は10年も開けずに訪問するだろうと思う。
★★★★♪♪♪♪

スポンサーサイト

フィンランドできりんざん 

犬悔い海外ドキュメンタリーシリーズ新春第1発は!

フィンランド!

IMG_0065.jpg
北極圏に近い海は荒い。

IMG_0051.jpg
フィンランド国鉄自慢の新型特急列車「北越」号でたどりついたのは!

・・・新潟だった。

さびれた古町の花街でもひときわさびれた「ぎんすい」は
蛭子能収似で気のいい70オーバーの大将と大将の割にはずいぶん若い、ちょっとだけ若尾文子似の女将で切り盛りする
小さな割烹。

201201072024000.jpg
しめサバで

201201071949000.jpg
単独一献(爆)!

あとは大将の釣ってきた魚を刺身で天ぷらで・・・

ああ、ニッポンに生まれてよかたぁ~~
★★★★♪♪♪♪

酒処かとう 

西がスタンドアサヒなら東は酒処かとう!

食うたんはこんなもん。
IMGP1594.jpg
IMGP1595.jpg
IMGP1596.jpg
IMGP1597.jpg
IMGP1598.jpg
IMGP1599.jpg
IMGP1602.jpg
IMGP1600.jpg
IMGP1601.jpg
刺身がまあまあなのも大衆割烹ならではだが
ポテサラ、コロッケ、カキフ、出汁巻きの定食屋メニューが
とんでもなくウマいのも大衆割烹ならでは!
揚げもんに1こ載ったトマトがええなあ~
★★★★♪♪

むかし、あのわけわからん十仁病院のあった角を入ったところ。
住所は新橋だが銀座口側。あと10歩で銀座8丁目なのにこの値段!

スタンドアサヒ! 


103系! 

オーサカディープサウスの拠点、天王寺駅から阪和線でさらに2駅南下!
南田辺といえば!

IMG_9357.jpg
スタンドアサヒ!

IMG_9360.jpg
スタンドアサヒ!

IMG_9362.jpg
スタンドアサヒ!

スタンドアサヒだからもちろん!
IMG_9365.jpg

うすっぺらな

IMG_9364.jpg

スーパードッカーン!

スーパードッカーンとやりながら店内に目をやると

IMG_9366.jpg
処女

IMG_9367.jpg
アサヒの少女

アサヒビールからの感謝嬢!


IMG_9376.jpg
IMG_9371.jpg
IMG_9370.jpg
IMG_9368.jpg
IMG_9378.jpg
IMG_9381.jpg
IMG_9383.jpg
IMG_9385.jpg
IMG_9387.jpg
IMG_9388.jpg
どっび~ん

人間、こんなに食うてええんカーああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼~~



IMG_9396.jpg
おねいさんが梨剥いてくれたんで、ひとりさんぜんえん投げ銭!

・・・・

ひとりさんぜんえん!?

うますぎる、やすすぎるううう~!!

南田辺へは
行きも
IMG_9337.jpg
帰りも
IMG_9409.jpg
ひゃくさんけー! 

うれぴい。。
★★★★♪♪♪♪

ひとりさんぜんえん といえば あのかんかんが定年を迎えたらしい・・・・かんかんのおっちゃん、おばちゃん、ありまとーごまいだす~

ブタ角のウマい魚屋、新富町「久松」でブタ角 

刺身のウマいとんかつ屋があったかと思えば・・・
今度は角煮のウマい魚屋!
かつての料亭街新富町界隈では何屋でナニがウマいかわからない! 

こじんまりとした大衆割烹久松の昼のブタ角定食。

IMGP1550.jpg
とろりとした脂身、ホロホロと崩れる味の滲みた赤身といった角煮ならではのウマいところと
さらにちゃんとニク本来の歯ごたえの残る部分とのコントラストがとっても楽しい!
★★★