名古屋、長命うどんで宇宙の真理を探究する 


名古屋、下町を中心として随所にチェーン展開するのがココ、長命うどん
このドコにでもありそうなうどん屋が実は宇宙の真理を探究する、人類の未来を左右しかねない場所であることは案外知られていない。

客の要望には可能な限り応える、これがこの店の基本スタンスだ。
従って、裏メニューはいくらでもある。
それを前提にまずはメニューを詳しく研究しよまい。
写真 1
なにしろ宇宙の真理を探究する場だ。
4段階のステップを順に、正確に設定しないといけない。

1.麺の種類を選ぶ。
6種あるが、かならずしも1種だけを選ばねばならないワケではない。それが後に判明する、宇宙の真理である。

2.麺の量を選ぶ。
なぜかイチハンはない。サンハンもない。どんぶりに入りきらないからだろう・・・・

3.「あたたかさ」を選ぶ。
これも客の注文から多様になって行ったと思われる。
温→冷順に、かけ、ゆつき、ころ、冷やし、ぬるとなる。


4.トッピングを選ぶ
これはどこのうどんそば屋でもやっていることなので説明不要。
ただ、数種を除いて1品80円という値段に注目しておく。

写真 2
写真 3
ページをめくっても同じことがレイアウトを変えて並んでいる・・・・
人類の未来を左右するのにこんなことで大丈夫か(糞爆)?

そして、注文完了!
写真 1
コレが注文書だ!
④はテーブル番号

下段の「小」は1玉、カキは掻き揚げ、チはちくわ、真ん中のそばはもちろんそばを意味する!お連れいただいた同行者のモナ田が注文した内容だ。
そして、上段がオレの注文。
「特」は3玉!
ナスはナス、カキは掻き揚げ。
では真ん中のうきし中とは!?

ひとつのどんぶりにうどん、きしめん、中華そばの都合3玉を盛り込んだ極悪品!
以前、モナ田が注文したうどん+中華そばの通称「う中」をはるかに越えた逸品であーる!
(→モナ田さんの記事、「長命うどんにて宇宙の真理を探究する」はこちら!)

でた!
写真 1
コレがうきし中だああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼~!
天ぷらが掻き揚げしか見えないが・・・・・

引いて写真を撮ると!
写真 3
左方にびよ~んとなす天が延びていて、延びすぎていて引いても画角に入りきらない!

写真 4
う!

写真 1
きし!

写真 2
中!

3つ合わせて「うきし中」!

写真 3
小えびがたっぷり仕込まれた掻き揚げやウマし!

駄菓子!
写真 4
途中からはその掻き揚げがつゆに浸って分解、つゆに溶け出し、麺に絡む!
その麺も、う、きし、中の3種がぐっちゃぐちゃに混ざり合ってなにがなんだか・・・・

ウチューはウミャー!

写真 2
食いきった・・・・・

鰹だしが効いたつゆはウマい。
うどんはコシ、というわけではない妙な弾力がコレまたウマい。
きしめんも中華もうどんと同じ食感がソレはソレでまたウマい。
ぜひ、近所に暮らして人類の未来を案じてみたいものだ!
★★★★★♪♪♪♪♪

スポンサーサイト

館林名物(?)角煮うどんを東武南栗橋電車区で! 

電車のおもちゃを買うために極寒の北関東で早朝から2時間も3時間も行列を作るという・・・
いやあ、ボクは電車ヲタクじゃなくてよかった~~!

DSC_0025_20121204203240.jpg


DSC_0026_20121204203242.jpg
よく晴れた駅前にはテキ屋が3軒・・・・


横浜家系焼そばって初めて見ました(爆)!

DSC_8551.jpg
結局、逝ったんかい~~!
(→東武ファンフェスタ2012@ナンクリの詳細はこちらからどうぞ)

フェスタ会場に並ぶ沿線自治体が出す屋台でおばはんが作ってたのがコレ!
DSC_0029_20121204203240.jpg
館林名物かどうかは知らんけどおばはんが作った感丸出し角煮入りかま玉うどん
だいたい、群馬でかま玉なんてはなまるが出来てからやろがっ!

でも、案外おいしかった・・・
★★♪

細の奥道 【岩手 盛岡の章】 

アーマーポーラー♪スッチャカスチャッチャ♪♪
その土地の空気までも味わってこその名物、そう思います。
こんばんは、吉永小百合です(爆)

じゃじゃ麺っておいしい?


JR 小百合イカせて 人の列

DSC_0006_20120526210338.jpg
ぱいろんの 白いのれんに 味の店

DSC_0008_20120526210338.jpg
その土地の 小百合居らねど 空気あり

DSC_0011.jpg
ぷはぷはの アテは結局 じゃじゃ麺の具  

DSC_0012.jpg
気をつけて もっと奥まで かきまぜて

DSC_0014_20120526210341.jpg
味の店  のれんソレでも 味はアレ

DSC_0010_20120526210339.jpg
テーブルの 端にラー油と たまごあり

DSC_0015.jpg
タレ残る 皿にビーチク きちゃないな

DSC_0016_20120526210421.jpg
よく溶いて 横断歩道を わたろうよ

DSC_0017_20120526210422.jpg
スープ割 うどん茹でた湯 マズいお湯

つぎは冷麺ですね!♪
もうええです・・・
★♪♪

相鉄横浜駅高架下、「星のうどん」 

「鈴一」で気分よくして、つぎは各方面で人気の高かった「星のうどん」へ。
各方面曰く、「駅の構内にあり」とのことで
わざわざ最低運賃を払って改札をくぐったが
まさかの不発見!
せっかく最低運賃を払ったのだから、と隣駅まではじめての相鉄試乗♪

IMGP1376.jpg

なんですかーこの駅は!
傘がない~♪ではなくて屋根がない!

振り向けば!
IMGP1378.jpg

天国への階段!

バリアフリーもへったくれもない!
でも、おれは好きだよ、人間に厳しい公共空間!

しかも横浜駅と逆を向く天国への階段を登り切っても横浜駅方向の通路はなく、
横浜駅はどんどん遠ざかる。。。

でも帰りにまた電車ちんを払うのもいやだから
30分かけて横浜駅へ歩いたら・・・

高架下にて星のうどん発見!

なんのことはない、構内からも入れるが
厨房を隔てて構外からも入れるやないかー!

・・・で。

食えんくらいぬるいわ~!


麺は冷凍麺みたいな妙な腰がある分、余計に胡散臭い!

大崎、うどんさん事情 

こないだまでうす汚ねえ工業地帯だった大崎。
にわかに超高層ビル街に変貌!
いまや超高層ビル街特有のマズい店、ダメ店、やっつけ料理の殿堂だ!
電動やっつけ料理!

どうせやっつけなら安い方がマシ、ってことで
あっちもこっちもうどんさん屋さんは昼時、長蛇!

まずは大崎駅構内、「親父の製麺所」

なに?このしょぼいうどんの量!
そしてダメ店特有のレモンさん載せ

店には立派なパンフがおいてあって
讃岐うどんのうんちくが語られていてこれがまたうさんくせー!
そもそも「親父」はどこにおんねん?
製麺もしてないのになんで「製麺所」やねん?
うそつくな!
×

続いて大崎に2軒ある「丸亀製麺」。
あの広尾のNo.1アホな店、 「マルガメ製麺所」とはまったく関係ないチェーン店。
IMGP0823.jpg
それがけっこう、イケんねんなー。

IMGP0824.jpg
あまーい「だしソース」ぶっかけて食うマズい天ぷらがまた、ウマい♪
★★

【きょうのひとこと】
やっぱり五反田まで半駅あるいておにやんまにしよう!

【きょうのもうひとこと】
製麺所ってなにするとこなん?