豊田屋 

写真 1
亀戸の先、小岩の手前は平井駅

写真 3
正面に電柱より低いスカイツリーを見ながら駅から3分

写真 2
豊田屋

写真 4
屋田豊!

写真 5
浅草無双、豊田屋!

木曜日、まだ5時前だというのに満席、ついでに表には無予約客の行列がっ!
いったいこいつらナニしとんねん~~!

・・・と、いうわけで
写真 1
コレがウワサの焼酎ハイボール黄色いホウ!

写真 2
キミマツの年末からのお誘いで、油ちゃんとの3P!
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪

・・・あとで場所を間違えたまさぴも来た、、、
(→キミマツ)
(→油ちゃん)
(→まさぴ)

写真 4
煮凍りです

写真 2
しめ鯖
このアブラ、このきめ細かな身!

写真 3
なんでウインナー玉までこんなにウマい?

写真 1
なんで餃子までこんなにウマい?

写真 4
カキフであります。
なぜかウマい天ぷらの味がします。
それもそのはず。

写真 3
アナゴ天がむちゃくちゃウマい~!
おなじ鍋で揚げるからね。

そして!
写真 5
どが~ん!
鍋の具はキミマツアレンジにより、あんきも、カキ、そして白子×2!
いや、キミマツ、さすがのアレンジ!


写真 3
うわああああああああああああああああああ~~!

写真 1
キレイに食ったらダシが足され・・・・

写真 5
きしめんキタ・・・・

写真 2
ウワアアアアああああああああああああああああああ~~!

居酒屋とはなんでもあるがなんでもマズい店だと思っていたボクがバカでした。
大将の薀蓄は過ぎることなく、必要なことは必要なだけ。
女将のぶっきらぼうな応対にもちゃんとウラ側の愛がある。
世界最高峰のレストランである。
★★★★★♪♪♪♪♪

スポンサーサイト

広島、横川の尾道ラーメン「味億」 

広島に暮らすいとこと出張ついでにひさしぶりに飲んだ帰りの深夜、つれてってくれたのがここ。
写真 2
街外れの尾道ラーメン、味億!

写真 1
「尾道で食うより絶対ウマい」の釣り口上通り!
あのぴろぴろの平麺、濃厚な魚介スープ。

新潟~燕にならんで岡山~広島にかけてのラーメンはなぜこんなにウマい?
★★★★♪♪♪♪

広島市内には大きな川が何本も流れる。
川べりに点在する安料理屋。
映画「ヒロシマ・モナムール」でねちねち酒を飲んだ川に面した縁すら残ってなくもない。
この店もまた、風情ある場所にある。

神戸・加納町 皇君菜館が! 

フラワーロードを三宮から新神戸へ向かったところの加納町交差点。
そのすぐ脇に新しくできたのが!
写真 5
皇君菜館!
黄色に赤文字!この配色がキミを呼ぶ!

平日午後1時半。ランチタイムの終わりかけ、店内は中国人家族4組くらいでむちゃくちゃだ!
写真 2
福建やきそば!
この目玉焼きがキミを呼ぶ!

写真 3
中途半端な太さの麺がこれまたキミを呼ぶ!

写真 4
魅惑のメニュー!
次回は夜、ごってりと食ってみたいもんだ!
★★★★♪♪♪

福州出身の陽気な若い夫婦でやっていた。
ニホンゴは通じません!

今年のおせちスパは自炊部!ヨコイのソースでGO! 

謹賀新年。
昨年10月、名古屋のさるお方と知り合った。
今年はさる年である。
その、さるお方がおみやげにくださったのがコレ。
写真 1
ヨコイのソース!

ヨコイ、といえばアレだ!
(←ヨコイ)
よく考えてみたら神谷町のアレに勝るとも劣らぬアレであーる!
(←神谷町のアレ)
(←嗚呼涙!)

写真 2
もちろん、なるべく太い麺をぶよぶよに茹でて、前日から冷蔵庫へ!

写真 3

アンカケタ・シルヴプレ!
写真 4
あんが足りない!

正月早々、目玉焼きにも失敗!
おせちスパならヨコイのあんかけ!
★★♪

水道橋 立ち食いそば「とんがらし」が凶悪 

今年最後の天ぷらはコレだ!

写真 4
国電水道橋というか、地下鉄九段下、神保町というか、あるいはどこでもない中途半端な場所にあるのが!
とんがらし!

写真 1
魅惑のメニュー、一番人気はもちろん「えび3、いか1、なす半分」の「もりあわせ」550えん!

コレが盛り合わせだ!
写真 1
なんですカー、この天ぷらの山は!海はどこへ逝った!?
いかこそ1だが、えびは6こ、なすは3こ!
3は6、半分は3、と数える!
算数が通じない世界だ!


写真 2
ようやくほじくりだしたそばはふにょふにょの茹で麺。
DEMO!

そんなことはどうでもいい!
しっかりカツオだしが効いた汁はかなりしょっぱいけど、
そんなこともどうでもいい!

写真 2
別の日にも「もりあわせ」を食った。

写真 3
そば、うどんのほか、「ひもかわ」と称するきしめんも選択可能!
でも、そんなものもどうでもいい!

ひひひひと呻きながら腰を曲げて気が狂ったように天ぷらを揚げ続ける爺!
その揚げたての天ぷらを奥の爺のところにとりにいき、一杯一杯天ぷらをていねいに盛っていくいつも笑顔の婆!
食わせます!
★★★★♪♪♪♪♪